眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉毛のパーマってなに?

vol.3263

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

先日、
スターバックスで注文をすると
「電子決済にしてみませんか?」と
紹介を受けました。

スマホに
たくさんアプリが入っていると
ごちゃっとしてしまうので
極力、入れたくないのですが

今回は
電子決済するために
アプリを入れました。

なぜ、アプリを入れたのか…?
そのアプリがお得に
使えることもあるのですが

それよりももっと大きな理由で
ダウンロードすることを決めました。

今回はお得感よりも
大切なことがある…ということと
これから身をもって実験してくる
あることをお伝えします。

向き合う姿勢

なぜ、アプリを入れたのか…?

それは店員さんが
いろいろ調べてくれたからです。

ちょっと余談になるのですが
カフェなどでブログを作ったり
編集するのですが

その時のドリンク注文は
経費になります。

ぼくは
集中する時こそカフェに行くので
その時レシートが必要になります。

電子決済されると
レシートが出ないし
まとめて印刷するとなると
記録残しが面倒になってくる…。

なので
電子決済せずに
いつも通りでいいかな~と
思ってその場はやり過ごし
数十分、作業をしていると

先ほどの店員さんが
声をかけてくれて

電子決済の場合
経費計上のことを調べてくれたようで
説明してくれました。

なんか
わざわざ調べてくれたことが
嬉しかったのと

レシートを出す方法もあり
しかもポイントが付いて
お得に利用できるということで
その場で電子決済アプリを入れました。

ただ単にお得だけじゃなく
改めて
相手に向き合う姿勢が
感情を動かす。と思いました。

向き合うということは
自分のこととして考える

ってことでもあります

いきなり話が飛ぶのですが

今、ある実体験をしようと
眉毛をボーボーに伸ばしております。
(人様に見られるのが恥ずかしい

なにを実体験するかと言うと

アイブロウラミネーション

ってものです。

簡単に言ったら
眉のパーマです。

ぼくのように眉1本1本が太いと
アイブロウブラシで毛流れを整えても
いつもの定位置に戻っちゃうんですよ。

眉って形だけじゃなく
眉毛が生えている向きでも
印象が違うんです。

・上向きだとキリッと
・横向きだとナチュラル
・下向きだとキュート

これが
眉毛のパーマをかけると
アイブロウブラシのひと撫でで
眉の向きが変わってくれます。

印象だけじゃないんです。

眉毛の生え方が
いろんな方向を向いていたり
ところどころ切れていると

人相学の観点では
兄弟姉妹や家族の縁が複雑になる
と言われています。

眉毛が濃い場合
毛の向きを変えようと思ったら
今回ぼくがやろうとしている
眉毛のパーマか

眉毛用のマスカラで
スタイリング効果が高いもので
毛流れをキープする

この方法があります。

眉毛のパーマは
長さもなくちゃいけないので
今、伸ばし中ってわけです。

眉毛のパーマも
レポートしますね

人気サロンでの施術なので
やっと予約が取れて
今から楽しみです♪

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 環境で成長が変わるのは人間も動物も同じ。

  2. 寝返りが出来ないパジャマがある

  3. 太陽の温度を測るのと肌の代謝(ターンオーバー)を測るのは同じ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する