眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

”自分取り扱い説明書”ありますか?

vol.3253



眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




眉毛を書こうと思ったら
なにを使って書くべきか?
どんなテクニックで書くか?は
皆さん気になりますよね?





ぼくも常に気になっています(笑)





だけど
これまでずっと眉のことを
考えてきて、




やっぱり大切になるのは
知るってことだと思います。




自分を知るということです。




先日とある研修を受けて
改めて自分を知ることの大切さを
感じたので今日はそれを
お伝えしていきます♪

自分取り扱い説明書



先日受けた研修は
利き脳診断
というものです。




チームビルディングを
楽しく解説してくれる
ロボット人事研究所の
瀧田さんのアドバイスです。


瀧田さんのブログ
↓↓↓





考える癖は人それぞれあって
強い点、弱い点があります。




んで
大切なのはこの個性を
どう使っていくのか?が
大切になってきます。




強い点を伸ばすのか?
弱い点を補うのか?
これに良いも悪いもなくて
メリットもデメリットもあります。




利き脳診断をして
一番感じたことは




安心できた




ということでした。




今まで無意識に行動することも
ぼくの考える癖があって行動を
していたし




いつも発想は浮かぶんだけど





それを行動に移せるときと
移せないときの違いが
自分の怠け心と思っていたのですが
考える癖の違いがあるから
と理由を知れたからです。




これは眉を書くときも
同じような感覚です。

出来ない理由は解ける



眉レッスンをしていくと
眉を書けないのは
自分が不器用だから…と
感じて半分あきらめている人が
結構多いのですが





そんなこと
全くないです。




長年眉を書いてきて
必ず”癖”が付いています。




書く順番だったり
書く力加減だったり




これが
合っている人もいますし




その癖が原因で
眉が書けなくなっている人もいます。




つまり、眉レッスンでは
あなたが眉を書く時の
取扱説明書を作っていく
そんなことをしていきます。




決して”ゼロ”から学び直すのではなく
今ある技術に考え方を混ぜ合わせて
整頓していく…そんなイメージです。




眉を書くときは
考え方や理論を身に付けると
書けるようになります。




器用か不器用かは
あまり関係ないので
諦めずに眉毛が書けるように
あなたを知ることを
やってみてくださいね♪




直接アドバイスを欲しい方は
相談にも乗ります





こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら



無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。



眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉毛の傷は埋めた方が良い理由

  2. 化粧品の成分よりも、もっと意識するべき事

  3. 眉の色選びでの勘違いと困った時に意識する3つのポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する