眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

厄払いの本当の意味を知った

vol.3230


眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です




気が付けば1月ももう終わり
3月になれば40才になります。




・・・ってことは
男の大厄の前厄か…




ってことで
厄払いに行ってきました。




御祈祷が終わると

少し講話がありました。


厄年の”厄”とは
役目の”役”でもあり
これまでを振り返り
自分の役目を確かめ

そして
これからの役目は
何をすべきかを考える時期
でもあると言えます。

この時期を大切な時期として
自分をいたわり
どうぞお過ごしください




厄年ってなんか
嫌なイメージがありましたが
講話を聴いて印象が
ちょいと変わりました




ぼくも含め
あなたのお役目とは何でしょう?




答えは自分自身の中や過去にあります。
自問自答でしか出てきません。




眉毛を考えて書くということは
これ、自問自答なんです。




眉を書く時に大切になってくる
なりたいイメージというのは
あなたの価値観を表現するものです。




そこに
なぜ、そのイメージになりたいのか?
これを考えていくと




あなたが大切にしている価値観を
客観的に見始めます




自問自答は自信にもつながる




とも言われます。
これは、根底に自分を認める
ということがあると思っています。




周りの目を気にしてしまう時代…
だから、こそ自分を認めるのは
大切です。




眉を書くとは
こんなことにも触れていくのです




自分磨きだったり
自分でお仕事をされているなら
あなたのイメージと仕事の一致。




どんなイメージにするかは
不正解がありません。
自由に思い描いて大丈夫です。




そして、これが
自問自答のきっかけにもなっています。




自問自答で
自分の役目に気づくって
モヤモヤが一気に晴れる感覚です。




お互いお役目に向かって
やるべきことをやっていきましょうね♪

こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント
https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ
https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉が書けないスランプに陥った時にすること

  2. 何かを諦めかけていませんか?

  3. 商品を売るためにメイクレッスンをしても商品は売れなかった…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する