眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ツラい出来事が重なるのはあなたのためかもしれない。

vol.3149
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

コロナウイルス第3波の中

香川県では鳥インフルエンザで

数十万匹という鳥が

処分されたというニュース








泣きっ面に蜂というか

なんでこんなに災難が続くんだ…




そう思うでしょう…。




でも、もしかしたら

意味があるのかもしれません。




これはぼくの経験談なので

脳科学的な事は

全く関係ないのですが




今から15年前、母が亡くなりました。

その時は

めちゃめちゃしんどかったです。




そして同じ頃、失恋もして

心の寄りどころが無く

消えてなくなりたい…

そう思うことはよくありました。




母を亡くしただけじゃなく

想いを寄せていた人も

いなくなってしまった。




えーん「なんでこんなに重なるんだ~」




そう思ったのですが

そんな中でもフッと

感じたことがありました。




その当時

母の死が一番つらかったのですが

それを乗り越えられたのは

失恋の辛さもあったからだな…と。




頭の中は、失恋の辛さもあって

ツラさが分散されたはてなマークはてなマーク


表現がちょっと変かもですが

同時にツラいことが起こると

1つのことだけじゃなく

何個も考えなくちゃいけない。




一番辛かった母の事であれば

四六時中そのことを考えて

もしかしたら

本当に消えてたかもしれません。




目の前の出来事には

必ず意味がある…としたら




辛さで辛さを

乗り越えさせてくれたのかも

しれません。




今となっては

母のことも誰かの役に立てるための

出来事になっているし

失恋はこれはこれでいい思い出として

ぼくの失恋話を語り継げますw




自分がどうしようもできない事

時間が解決するような出来事って

考えても考えても

正直、答えは出ないんですよね汗


むしろ、

自分を責めて悪者にすることで

どこか安心してしまう。




これも自分を守るための

思考なのかもしれません。




ツラいと、

ご飯も食べられなくなるし

顔色だって悪い。

言葉に覇気もなくなる。




気分を変えるには

美容はすごく役に立ってくれます。




ただ

それすらも気が向かなかったり

考えることが出来ない時もあります。




そんな時は

お手入れをする。




さらに

両手で顔を覆って

ゆっくりした動きで

肌の暖かさを感じながら。








手の温もり、肌に触れる事は

あなたが想像している以上に

癒す効果があります。




もちろん

眉を書くことで

表情をいきいきさせることだって

できます。




家族に口紅をつけてあげる事も

必要かもしれません。




母がうつ病で頑張っていた時

もし、ぼくが今みたいに

美容の効果を知っていたら




母がいつも使っている口紅を

つけてあげたかもしれません。




辛いものは辛い

だけど、救い手のは

必ず側にあるはずです。




一気に解決としないでも

まずは自分を大切に

過ごしてみてくださいニコニコ こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. いつも無難な色しか使えないという方はグラデーションを意識!

  2. ニキビは肌状態がコロコロ変わるもの

  3. ブログを毎日書いていると「ブレてるのかな?」と感じる悩み

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する