眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

成長を感じる視点と感じない視点

vol.3041

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを

毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない

眉ソムリエ®NARUMIの

近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガキラキラ

右矢印https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

眉ソムリエ®Youtubeチャンネルキラキラ

右矢印http://urx.blue/ijNw

ツイッターには

実践してきた経験から

考え方を主につぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

*********

昨日、スマホにメッセージが…

下矢印下矢印下矢印

これは先日

美眉レッスンをしてくださった方から

化粧品販売の店員さんは

美容に対する目は肥えているので

その店員さんに褒められるとは

めちゃめちゃ嬉しいことですね。

何かを勉強すると

「いまいち、技術の進歩を感じない

周りの人に褒められない。

気づいてもらえない」

そう思う人も一定数います。

確かに勉強したからには

変化や成長を

誰かに見てもらいたいですもんね~

成長をまだ感じない人は

・何が起きているの?

・テクニックの問題なのか?

・講師の人が悪いのか?

その疑問を

今回はお伝えしていきます。ウインク

着眼点を変えてみる

全てにおいて

「講師の伝え方がへたくそだ…」

そう言ってしまえば

それまでなのですが滝汗

着眼点として

昨日の自分より成長したか?

です。

実践しての成果でも

思考でも、知る前と後の成長です。

ぼくの経験なのですが

昔、経営の勉強会として

県外にまで行ったことがあります。

この知識を身に付ければ

少しずつでも右肩上がりで

業績が上がるはず!

そう期待して参加し

同じく参加している人たちと

仲間意識も芽生えて

勉強会が終わるころには

仲間のみんなは、

経営方針を掲げて

やる気に満ちた目を輝かせて

帰っていきました。

だけど

ぼくは、経営方針も固まらずに

青森に帰ってきた経験があります汗

この時は

ゲロー「お金をドブに捨てたかな~」って

落ち込んでいたのですが

その気持ちの原因は

同じく参加した仲間の成果しか

見ていなかったからです。

仲間のいきいきした表情を見て

一方、ぼくは焦りなのか?絶望感を

感じている…

この差は何なんだ…。何しに来たんだ…汗

そう感じていました。

経営の勉強に参加したことで

考え方、視点を学んで

それは今でも

大いに役に立っているのですが

当時は

自分の成長より

仲間の成長を見て

自分を低く評価していました。

人それぞれ

レベルの段階や成長レベルは

  • コメント: 0

関連記事

  1. メイクの相談をすると「そんなのも知らないの?」という反応をされるのがイヤ

  2. 結局どの情報が合っているのか?わからないという問題

  3. 頑張れないのは根性が無いからではない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する