眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【技術者向け】お客様の眉毛をキレイに書く時に抑えておくべきポイント

vol.3004

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを

毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

誰得かわからないけど

ブログには書かない眉ソムリエ®NARUMIの

近況や考え方も書いています。

眉ソムリエ®メルマガキラキラ

右矢印https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

毎日更新中の

眉ソムリエ®Youtubeチャンネルキラキラ

右矢印http://urx.blue/ijNw

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

*********

お客様をさらにきれいにしてあげる!

という期待と同時に

責任感というものが付きまとってきます。

実家の家業である

化粧品店に立った時は

まだ経験値は少なくても

お客様に

眉毛を書かせてもらっていたので

左右対称に書けるように

似合う眉毛になるように

最大限の注意をしていました。

最大限の注意をしていても

毎回完璧な仕上がりが

できたかというと

それはまた別問題で、

毎回、ボクの中でも課題でした。

今では同じ業種の方からも

相談を受けることがあるので

今回は一番相談が多い

お客様に眉毛を書く際

左右対称に書けないという

疑問にお答えしていこうと思います。

施術ベッドで眉毛を書く

ここ最近多い相談は

施術をした際

施術ベッドに横になってもらったまま

最後に眉毛を書くのですが

骨格を図る器具を当てて書くのに

なぜか左右の眉毛が違う

という内容です。

お客様をきれいにしたい!という

プロとして責任感の現れですね

素晴らしいです。

この場合の解決方法は

眉毛は座っもらって書く

理由は

重力の問題

です

ベッドに横になってもらって

眉毛を書くのは

お客様も体は楽だし

書く側も安定するから楽ですよね

でも

ベッドに横になってもらって

左右対称の眉毛を書いて

ベッドから起きたら

左右の眉毛が違うのは

重力のかかり方が違うからです。

なんとなくイメージつきます?

昔、こんなの流行りませんでしたか?

鏡を持ったまま真下を向いて

鏡を見ると10年後の顔

鏡を持ったまま真上を向いて

鏡を見ると10年前の顔

5年だっけ?10年だっけ?

どっちか忘れたけど

ちょっとの顔の向き(重力)で

顔って変わって見えちゃうのです。

(光の当たり方も多少あるだろうけど)

p>

なので

お客様に眉毛を書く時は

座ってもらって

重力を普段の生活の状態にして

眉毛を書くということです。

これは骨格を図るような

眉プレートを使ったとしても

同じです。

重力で表情(筋肉は)

変わって見えます。

眉毛を書く時の注意点

それでも

眉毛を書く時左右対称にならない時

こんなことに

当てはまっていませんか?

・お客様の顔を覗き込むように

顔が横になって書いている

・左右の眉毛のチェック方法を

目だけで確認している

覗き込むように顔が横になると

水平感覚がなくなるので

左右の眉毛が違ってきます。

覗き込んでしまうのは

お客様が座っている椅子が

低かったりすると、よく起きます。

左右の眉毛のチェック方法は

目だけじゃなく

指を当ててあげることです。

目だけでチェックすると

どうしても忘れます。

左右の眉山に指をあてる

左右の眉尻に指をあてる

そして

指の高さ、目との距離など

違っていないか?

これをチェックすることです。

こうすることで

骨格を図るプレートなしでも

お客様に眉毛を書けるようになります。

昔、メイク専門学生時代

眉毛を書くのが苦手だったので

眉毛の授業の時

眉プレートを当てて

書いたことがあります。

このとき

確かにきれいな眉毛は書けたけど

次の理由で使うのをやめました。

全員同じ眉毛になってしまう

相手をモノ扱いしている感じ

プロっぽくないな

当時、一番強く感じたのが

プロっぽくないな

ってことだったかな(笑)

プレートを使うことは

悪いこととは思わないけど

お客様をさらにキレイにしたい

なんなら、プレートが無くても

お客様が自宅で眉毛を書くコツを

ちょっとは伝えたい。

という責任感や

プロとしての自尊心は

素晴らしいことなので

ぜひ、あなたの手で

さらにお客様をきれいにして

笑顔になるきっかけを作ってほしいです。

今回のまとめ

施術ベッドに横になったまま

眉毛を書くと重力の問題で

起き上がると左右の眉毛が違う

覗き込むように顔が傾いていないか?

指をあててチェックしているか?

この辺も振り返ってみてください。

ぼくは胴が長い背が高いので

お客様の椅子が低いと

背中を丸めなくちゃいけないので

椅子が低い場合は

椅子を高くするか?

ボクも椅子に座って眉毛を書くか

とにかく顔が傾かないように

意識をしています。

プロというのは

仕上がりや

技術だけじゃない部分の

道具、立ち振る舞い、

ブラシを持つしぐさ。

よりお客様に満足感、安心感、期待感を

もってもらえます。

ぜひ

あなたがお客様に

その感動を与えてあげてください

あなた自身が自信をもって

お客様に眉毛を書いてあげることを

実践してみてくださいねウインク

こういった

眉毛を書けるようになって

これまでの自分を変えたい!

というなら

無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを

毎日あなたの手元に

情報がお届けになります。

誰得かわからないけど

ブログには書かない眉ソムリエ®NARUMIの

近況・考え方も書いています。

メルマガ登録もしてみてください♪

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ®メルマガキラキラhttps://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

YouTube動画も更新しました

下矢印下矢印下矢印

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

眉ソムリエ®NARUMIの

眉毛情報が毎日届くメルマガキラキラ

下矢印下矢印下矢印

https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ®ホームページ

お問い合わせメールはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メールお問い合わせ

お仕事ご依頼のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

お仕事お問い合わせ

メディア関連のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メディアお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

眉尻がグイっと下がる 眉を整えても違和感がないように 指導者、リーダーの信頼感を眉で加える

関連記事

  1. 眉で印象を変えるために一番重要な箇所とは…?青森から発信

  2. どんな眉の形がいいのか迷ったらこの2ステップをやってみる。

  3. 眉を整えずに眉を書く時のポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する