眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

情報発信を続けるならタイミングを見逃すな

vol.2874

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

2月11日から

Facebookライブ配信もしています

右矢印Facebookページ

【昨日のいいねグッ】28人
2020年の累計 105人

*********

思い立ったが吉日!

という事で2月11日から
フェイスブックのライブ配信を
毎日続けられているのですが
はじめは
グラサン「恥ずかしい。」
えー「何を話せばいいのか。」
そして、一番は
ガーン「誰も見てくれないのでは?」
など、
不安はいっぱいありました。
だけど、ライブ配信は
コメントのやりとりが楽しい。
より知ってもらえる。
伝える練習になる。
良いことがたくさんなのも事実合格合格合格
とは言え、習慣になるまで
もう少し日数を重ねたいです汗
もし、
情報発信をしようと思っているけど
なかなか出来ない…と思っていたら
今回の内容はあなたにとって
お役に立つはずです!
情報発信が続かない…
そもそも
情報発信をし続けようと思ったら
1人じゃ、かなりキツい。
どんなに志が高くても
毎日となれば、
数ヶ月後には必ずしんどくなり、
継続が止まると自己否定も始まるあせる
でも
毎日更新すると成長を
めちゃめちゃ感じる事ができるのは
間違いない
情報発信の大切さは
重々わかってはいるけど
こんなの読まれているのか?
なんのために書いているのか?
毎朝、気が重くなる。
ポジティブなことも
ネガティブなことも
繰り返しで襲ってきますDASH!
それでも
やろう!と思うためには
1歩先行く人を
見つける
1歩先…これが重要です。
心の友よぉ~~~
例えば
ベテランの動画配信している人
憧れる動画配信している人は
もう慣れているので話も上手だし
ためになるし、魅せ方も上手い。
ただ、
これから始めようとする
自分と比べると
あまりにも差があり過ぎて
「こんなの公表出来んっ…」って
思って情報発信出来なくなります。
なので
1歩。1歩先を歩いているような
ここ最近始めた人について行く!
これですビックリマーク
いい意味でのライバルです。
おねがい「あの人も頑張っている。
今日も大変だけど、自分も頑張ろっ!」
って感じひらめき電球
知っている人でもいいし
面識のない人でもいいです合格
ぼくがブログを毎日更新した時も
同じでした。
ある方が毎日更新を公表して
正直、毎日は続かないんじゃない?
って思っていたのが
2週間くらい続いたとき
ぼくも一緒やろう!と
一方的に良きライバルに認定して
書き続けて今に至ります。
(ライバルにしていたことは
相手には伝えていません)
1歩だけ?半歩だけ?でも
先を歩いてる人がいたら
今がチャンスです!いまビックリマーク
時間が開けば開くほど
ついていけなくなっちゃいますゲッソリ
ぼくも今、ライブ配信として
情報発信したばかりです。
(今日で5日目)
やり方も魅せ方も
これから磨いて
質を高めていく途中ですキラキラ
なので
一緒に頑張りましょう!ウインク
昨日は
青森市のスキー場から
お伝えしました。
今日はどこから
ライブ配信しようかな?

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールは

下矢印下矢印下矢印

メールお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 感情との向き合い方。感情をコントロールしようと思うほど、できない。

  2. 自分のことは自分じゃ見えない

  3. 顔に花粉が付いたら顔が痒くなるという思い込み

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する