眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を通じて過去の自分を知る

vol.2857

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

*********

テレビを見ても
新型肺炎のニュースが
連日報道され
ついに日本国内でも
発症しているから
緊張感が増してますね。
子供を保育園にお願いしていると
手足口病とか胃腸炎とか
いわゆる感染症は付き物で
我が家の娘も
流行に敏感なのか
見事に頂いてきます笑
潜伏期間を含め
発症したころには
もう、体内に入っていますもんね。
手足口病などだったら
「まぁ、免疫付くべ」
と見守っています。
除菌除菌って言われていますが
ウィルスに慣れることも
大切と思っています。
ぼくも
店舗営業を変えたとき
大きく考え方も視点も変わって
慣れるまで結構しんどかったです。
考え方や視点のあまりのギャップに
苦しんだのですが
いつも意識して、訓練?していくと
成長をも感じるわけです。
実はコレ
眉も同じですビックリマーク
眉の仕上がり度UPとは…
いままで意識していなかった
眉の理論を知識として知り
手を動かしていく
眉、一つと言えど
結構〜情報量があるので
頭がいっぱいになります。
先日、愛知県幸田町で
2回目の美眉レッスンをしたとき
1回目の美眉レッスンにも
来てくださった加藤由佳さんが
再受講してくれました。
一番初めのビフォーから
当日のアフター
2回目のアフター画像が
下矢印下矢印下矢印
アップ
キリッと感が全然違いますでしょ?びっくり
目に自信があふれています❣️
初めは
眉のガタつきから
迷いながらも一生懸命
頑張って書いたのが見て取れるし
当日は眉のガタつきがなく
目安を意識しているから
ガタつきがない。
そして
先日の眉は、馴染んで
目ヂカラを感じるキラキラ
初めにお伝えしたことが
しっかりと馴染んでいるようで
要点を押さえて
スッと眉が描けていました。
再受講では
これまでの過去を振り返って
その感情から読み取れる部分を
眉、そしてメイクに
表現していきました。
アンケートにも
下矢印下矢印下矢印
眉の面白さ・魅力を
感じていただきましたラブ
最後にパシャリ
下矢印下矢印下矢印

関連記事

  1. 眉で印象を変えるために一番重要な箇所とは…?青森から発信

  2. 眉尻を下げるタイミングがわからない

  3. 人生変えようと思ったらコレしかない!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する