眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

スタバの店員さんと話が出来る方法

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海 吉英(なるみ よしひで)です。

普段作業をするとき

家にいるより、

外に出て作業をすることが

多いのですが

最近はスタバが多いですねウインク

ぼくが頼むのは

ホットの、ゆずシトラスティーの

でっけぇサイズで茶葉を変える

毎回これです。

すると、何回か行くと

店員さんにも

ウインク「どの茶葉が一番おいしかったですか?」

覚えてもらうるよう様になりました。

これって

ブログを書くときや

自分ブランディングの時にも

とても役に立つ考え方かな?

とも思いましたひらめき電球

ぼくは今は

眉ソムリエとして眉のことを

書いていますが

それまでは

メイク・スキンケア全般を

ブログに書いていました。

そして、ある時

滝汗「ぼくって何者?」

そう思ったとき

なんて表現したら

自分がひと言で伝わるか?言葉が

出てこなかったです笑い泣き

名刺交換するときも

ニコニコ「○○をしています」

と、ひと言で相手に伝わる表現ビックリマーク

ブログを書いていて

多くの人が読んでくれる中

記憶に残ってくれる何か…ビックリマーク

友達が紹介してくれる時

ウインク「こいつ○○が、すんげ~奴だよ」

って言葉に出してくれる表現ビックリマーク

改めて考えると大切ですよね。

ぼくのスタバの注文は

あまり他の人が注文しないような

でっけぇサイズで毎回、茶葉を変えて

しかも、ちょいちょい来る

時間帯が同じでヒゲの濃いやつ

きっとスタバの店員さんの中で

”あだ名”がついているはずです。

○○な人

これが

ブログに例えるとしたら

他の人があまり書かないような

ピンポイントに特化した内容で

同じような時間帯に毎日投稿する

ぼくが意識しているのは

毎日同じような時間帯ではないけど

眉に特化した内容を

独自の観点で詳しく

毎日更新している

ということで

ぼく=眉の人というイメージが
ついていると思います。

イメージって大切です。

どう見られたいか?

心の中に想いを抱いていて

言葉では表現できても

見た目が一致していない人も

中にはいらっしゃいます。

顔で言ったら、

男も女も眉で表情が変わるから

伝割方も変わります。

例えば、その想いは

キリっとしつつ信頼感を得たい

イメージだとしたら

眉のガタつきを埋めるように

輪郭を平らにならす。

下矢印下矢印下矢印

下矢印下矢印下矢印

さらに、輪郭をはっきりさせる。

下矢印下矢印下矢印

ただ、角度が付きすぎると

キリっとを越え、キツいイメージに

なってしまうので
角度をキツくしないようにすること

下矢印下矢印下矢印

眉は自分で描こうと思えば

調べて情報はたくさん出てくるので

出来ると言えば出来るのですが

あなたの眉の状態

×

あなたの美眉への描き方

×

あなたが心に抱いている想い

この組み合わせを考えると

難しく考えてしまい、いつもの眉に

収まってしまうと思います。

せっかく想いがあって

伝える場所があるなら

その想いは表現しましょうビックリマークビックリマークビックリマーク

眉だけで変わるからこそ

あなたらしさを失わずに

変えることが出来ますひらめき電球

眉が変わればすべてが変わる。

変えて見せます。

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 話題についていけるのは、経験したから!これに尽きます。

  2. 手紙を出さずにはいられなかったのには訳がある

  3. 生きづらさから、自分の可能性に気付けた考え方。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する