眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

やり残したことないですか?

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海 吉英(なるみ よしひで)です!

今日は全国的に
気温が高くなると
予報されていたように
青森もこの時期にしては
珍しく気温が13℃まで上がり
まるで小春日和晴れ
この気候を逃すまい!と
今日は約100km離れたことろまで
車でドライブ!車
そこは、雪が積もると
どうしても行きにくい所でもあり
何より
今年中にケリをつけなくては…爆弾
と思っていた事をやってくる。
ということでもありました。
ぼくにとって
今年の一番大きな出来事は
9月末で3代続いた化粧品店を
閉店したという事です。
閉店を決断した瞬間は
「やれる事はやった」という
虚しさは少しあっても
悔いのない感情でした。
ただビックリマーク
それは、ぼくの中の話であって
これまで来て下さったお客様を
置いてきぼりにしてしまう事実と
今、存続が大変と言われている
化粧品専門店の仲間で
頑張ろう!と団結した同志を
裏切ってしまうという
事実でもありました。
裏切ってしまう…というのは
今年の6月上旬のこと。
ぼくは青森県内の化粧品店同士で
構成されている会の会長に
若輩者ながら任命されました。
前任の会長さんや会長の奥さまから
とても可愛がってもらい
会長に任命される時も
グラサン「キミなら大丈夫!」
信頼して背中を押して
いただいていました。
他のお店の方々からも
ウインク「あなただったら大丈夫」
と言っていただいていました。
頼まれごとは
試されごと
そう思い
会長職を受けたのでした。
それが6月の上旬のこと。
そして、ぼくが
店舗営業を止めようと決断したのが
1ヶ月後の7月上旬あせる
次期会長を任命された6月は
お店を閉店する事は
考えていませんでしたが
だったら引き受けるなよ〜むかっ
そう思われて当然です。
本来であれば
お世話になった化粧品店の方には
閉店前にお伝えするのが
筋を通すってものですが
化粧品専門店の方々には
裏切ってしまったという
申し訳なさが勝ってしまい
最後の営業日までに
直接お伝え出来ていませんでした汗
それが
ずっと心に引っかかっていて
今年の事は、今年のうちに!
ということで
今日のこの気候を逃すと
今年は行けないと思い
やり残しの無いように
今日行ってきた訳です。
ぼくを会長に薦めてくれた
会長さんのお店へ入ると
そこには奥さまが
お願い「あら〜、どうしてた〜?」
と、いつもの笑顔で迎えてくれ
これまでのいきさつを
直接お伝えすることができ
突然の閉店を謝ると
ウインク「他のお店の方も
あなたのお店が閉店したこと
とても残念がっていたけど

その決断で
あなたの活躍の場が
広がるならいいのよ」
そう言って下さいました。
理解して応援してくださることが
嬉しかったです。
その後、会長さんにも会えて
グラサン「おぅ!どうしてる」
いつもと変わらぬ対応で
お話して下さり
会長さんにも
これまでのいきさつを
直接お伝えすることが出来ました。
一つ、心のモヤモヤが取れました。
最後は一緒に写真撮影
下矢印下矢印

アップ(真ん中)一見、強面の会長ですけど

大きな心で受け止めてくれ、
いつも笑顔
そして、奥さまはいつも素敵
ぼくの亡くなった母とも
一緒に化粧品店を頑張った仲なので
息子の様に気をかけてくださいました。
奥さまも
眉の達人として店頭に立ち続け
レベルの高いサービスで地域の方を
キレイに導いてくださっていますラブラブ
下矢印下矢印下矢印
何か心に引っかかっていることがあれば
素直な気持ちを伝えて
早めに解決した方がいいです。
早ければ早いほどに…
それで縁が遠のいてしまうのは
とてももったいないですからウインク
会長の他にも
会って来た方がいるので
それはまた明日のブログで…
それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 一口食べるとその人の性格がわかってしまう

  2. 白い恋人と眉ソムリエ…名前に隠された意外な共通点!

  3. この文字の成り立ちは?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する