眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

左右対称に眉を描きたい

眉ソムリエNARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)です。

ヒゲを伸ばしているものの

毎日ひげのお手入れをします。

ひげが濃いだけに

濃淡がめっちゃわかるので

左右の形・角度が違うとすぐにわかり

印象も変わって見えるのですが

眉を描くときも

左右対称な眉を描く❣️

というのは多くの人が望みます。

左右対称に眉が描けない

大きな理由に2つがあります。

それがわかれば

眉が描きやすくなるので

今回はそれについてお伝えしますビックリマーク

左右対称の眉が描けない理由①

下矢印

一つは眉山から眉尻への角度が

どれくらいなのか、わからないハッ

毎回定規を当てて

眉を描いてもいられないし

毎回毎回、眉の形が違う。

そんな時は

目尻と平行になるように書く

目安となるものが

近くにあったほうが

視点を動かす距離も短くなるので

描きやすくなる

そして

左右対称の眉が描けない理由②

下矢印

もともと生えている眉を

生かそうとしすぎるハッ

アムラー世代を生き

眉を抜いてそれから

眉が生えてこない。

しかも

肝心な眉尻の眉毛あせる

極端な話

左の眉が下がり眉で

右の眉が上がり眉なら

そのまま眉尻を描き足して

左右のバラバラの眉が

できてしまいますゲッソリ

なので

もともと生えている眉を生かしつつ

どの形に角度にするのか?

そして

眉尻の角度は目じりと平行に!

この二つを理解していれば

格段に格段に眉は描きやすくなります。

(大切なので2回言いましたグラサン

先日、愛知県の幸田町の

Studio YURAさんでの

美眉&メイクレッスンでも

もともと生えている眉と

なりたいイメージの関係にお悩みの
S・Kさんが参加してくれました。

本来求めている想いを聞き

眉でどう表現していくか

お互いのイメージを合わせて

実際にS・Kさま自身で

眉を仕上げていきます。

眉レッスンの途中風景

下矢印下矢印下矢印

アップアップアップ

ご自身で両方書いていきます。

初めに

眉の状態を分析するため

眉を見せてもらった瞬間感じました。

グラサン「S・Kさんめっちゃ良くなる!」

ビフォーが

下矢印下矢印下矢印

もう、この時点で

素敵ではありますが

アフターは仕上げのご一緒フォ

下矢印下矢印下矢印

柔らかさの中にも

エレガントな気品あふれる雰囲気キラキラキラキラ

K・Sさんアンケートにも

ご自身で描いた眉が大好きですラブラブ

と書いてくれました。

眉が好きになるということは

自分が好きになるということ。

この笑顔は決して作ったわけでもなく

ココロからあふれている笑顔。

このまま帰っちゃうのは

もったいないくらい素敵に変身。

こんな素敵になれたら

いつもは忙しくて

鏡なって見れない日々が

多かったとしても

鏡を見るたびに素敵と思っちゃうラブラブ

ココロに余裕が出来る瞬間

これは、
あなたが笑顔になることで

周りも笑顔になってくれることに

繋がっています。

それが眉で叶えられるって

眉ソムリエNARUMIとして

一番のやるべき事です。

眉を左右対称にするために描くコツ

それは目安と眉をどこまで生かすか?

そして

どんな眉を描くときにも関係してくる

どんな想いを抱いているのか?

これがわかれば

あなたも大変身することができますよウインク

それでは、またっバイバイ

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 油分ケアに対するネガティブなイメージはもう変わっています!

  2. まさみん密着をしてみて見えて来たもの

  3. 努力が報われない理由は勘違いかもしれない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する