眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

左右対称に眉を描きたい

眉ソムリエNARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)です。

ヒゲを伸ばしているものの

毎日ひげのお手入れをします。

ひげが濃いだけに

濃淡がめっちゃわかるので

左右の形・角度が違うとすぐにわかり

印象も変わって見えるのですが

眉を描くときも

左右対称な眉を描く❣️

というのは多くの人が望みます。

左右対称に眉が描けない

大きな理由に2つがあります。

それがわかれば

眉が描きやすくなるので

今回はそれについてお伝えしますビックリマーク

左右対称の眉が描けない理由①

下矢印

一つは眉山から眉尻への角度が

どれくらいなのか、わからないハッ

毎回定規を当てて

眉を描いてもいられないし

毎回毎回、眉の形が違う。

そんな時は

目尻と平行になるように書く

目安となるものが

近くにあったほうが

視点を動かす距離も短くなるので

描きやすくなる

そして

左右対称の眉が描けない理由②

下矢印

もともと生えている眉を

生かそうとしすぎるハッ

アムラー世代を生き

眉を抜いてそれから

眉が生えてこない。

しかも

肝心な眉尻の眉毛あせる

極端な話

左の眉が下がり眉で

右の眉が上がり眉なら


  • コメント: 0

関連記事

  1. 頑固な性格…そのイメージって本当にマイナス?

  2. 娘の「早くお迎えに来て~」の理由が意外だった。

  3. 藤井聡太七段の思考は、こうして作られていた!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する