眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

キツイ言葉を受け入れる

前回ブログ
この続きに
今回は触れていくのですが
目の前のことに
一生懸命に取り組む
猪突猛進型のボクが
客観的に俯瞰して現実と現状を
すり合わせて見ることが出来たのか?
仕組みは超単純です。
他人を頼った
これです。
自分の事は
愛着があるからこそ
見て見ぬ振りもしましたし
このままじゃマズい・・・と
思いながらも
真面目に取り組んでいれば
いつかどうにかなるんじゃないか?
と、闇雲に進んでいたことも
実際にありました。
なので
他人を頼り、意見を求めました。
いろんな人の話を聞くと
これまでのボクの努力を
知ってくださり
すると、情が入ってか
励ましの言葉をくださることも多く
これはこれでとてつもなく
ありがたいですし
行動できるモチベーションにも
繋がりました。
・・・が
あえて、現実的で辛辣な意見を
意識的に求めてみました。

これはこれで

これまでやってきたことを
否定されているようにも
聞こえてくるので
吐きそうになるくらい
メンタルやられるのですが
ボクにとっては現状と現実を
擦り合わせる結果となって
出来る事が見え、その後
体当たりで挑戦出来ました。
辛辣な意見…
厳しい意見にも
愛があるか?
”けなされて”いるか?
紙一重な部分もあって
受け取り方は様々です。
”愛”も”けなし”も両方を感じましたし
大人の対応でスルーしたことも
実際にありますひらめき電球
愛のある辛辣な意見は
感情からすぐに伝わり
受け入れ現実と向き合いましたよ照れ
「キミの現状、キミのことを思って
ハッキリ伝えると、・・・」
多くの人に意見を求め
その中でも出来ることをやってみて
見えてきたことを踏まえて
「終わった。思い切ってやり切った。
閉店しよう・・・」
これが今年の7月上旬のこと。
7月上旬に決断し
周りにも公表し9月いっぱいで
閉店となったのですが
店をやめようと思ったのは
この1回ではありませんでした。
今思えば、5年くらい前から
もがいていました。
その時その時で
人に出会い、人の言葉で
諦めずに最後まで
挑戦し続けることになるのですが
長くなっちゃいますので
また明日!
それではまた~

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. まじめな表情が相手に不快を与えてしまう今の時代。

  2. 世の中を丸く収めるためにはメンズ脱毛が必要な理由

  3. 眉の色選びでの勘違いと困った時に意識する3つのポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する