眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

閉店まであと1週間となりました。

最近、会話してても

言葉が出てきません。

「アレ、どこにあったっけ?」

(アレって何よw)

ジジィ化が進み

ブログを毎日更新しているのに

語彙力、ダダ下がりですグラサン

ブログの毎日更新を
共に頑張っている仲間で
カイロプラクティックの
院長をされている

永ちゃんさんこと、小野永一さんが
いるのですが

下矢印下矢印下矢印

永ちゃんさんのブログ

先日、体を整えてもらいに

行ってきました。

↑施術後

詳しくは

永ちゃんさんのブログに

その内、登場すると思います笑

ひらめき電球9/23のブログで

掲載してくれましたひらめき電球
右矢印どん底になったら、あとは良くなるしかない

けっして、”グィっ”とか”ギュー”とか

強い圧力をかけるわけではなく

(ワイのこの語彙力よw)

手を添えたり筋肉を

わさわさ触られるだけで

足や腕への力の伝わりが

マジで全然違うんですビックリマーク

骨盤が整ったせいか?

腰から下が別物みたいです。

歩くときも

腰が先にすたすた歩く感じ

(自分の語彙力の無さを恨みますえーん

施術にあたり

永ちゃんさんの専門知識で
診てもらうと

ガーン「臓器がすべて疲弊しまくっている」

チーン「極度のストレス状態」

ショボーン「ずっと一人で悩みを抱えてきたね」

そんなことを

伝えられました。

そうビックリマーク

ずっと悩んできたんですビックリマークビックリマークビックリマークビックリマークビックリマークビックリマーク

9月30日で

マロミ化粧品店は

閉店いたします

めちゃめちゃ悩みました

やれることやってみました。

ウジウジしがみつきもしました。

でも、現状から

将来につながるような方向性は

見いだせなかったのが現実でした。

お店を続けるために

やれることは恥を覚悟のうえで

思いっきりやり切りました。

だから、いまの気持ちは

「あ~、すべてやった!やり切った。

14年よく頑張ってきた」

そんな気持ちです。

いろんな感情を抱え

その時その時で

もがきまくりました。

何とかしがみつけないものか?と

出来る事全部やって、理由も見え

変な表現ですけど、
達成感に満ち満ちています照れ

「閉店しよう!」と

決断したにもいくつかの段階があって


れは10月1日からブログで

・心の葛藤や、やってきた事
・違う視点から見た化粧品業界

・人との出会いなど

伝えていきますので

また読んでくださいなビックリマーク

たまには
えーん「理不尽を聞いてくれ~」って

心の叫びが出るかもしれませんが

ボクにしか伝えられないことも

多少なりあると思いますので

どうか読んでやってくださいウインク

事前にお知らせをしていたお客様は

別れを惜しんで

毎日のように来店してくれ

思い出を話したり

「よく頑張ったね」と

励ましの声をかけて下さったり

毎日忙しく過ごさせてもらって

本当~に感謝でございます。

苦しい思いもたくさんあったからこそ

同じように苦しい思いを

なるべくしてほしくないし

ボクの様に
悔いなくやれること
全て経験してもらいたいです。

そんなこんなを

ボクの体はすべて受け止めて

“弁慶の立ち往生”のように支え

頑張ってくれていました。

それを、
施術してくれた永ちゃんさんが

ボクの体の声を

代弁してくれたようでした。

ボクの身体よ!

酷使させちゃってごめんよ~
いたわってあげなくてごめんよ~

9月30日まで

もう少し頑張ったら

ちょっとゆっくりしような~

そんなことを感じさせてくれた

永ちゃんさんの施術でしたウインク

下矢印下矢印下矢印

永ちゃんさんのブログ

あなたも

”からだとこころ”の声

聞いてあげていますか?

もしかしたら

からだは無理をしてでも

あなたを必死に

支えてくれているかもですよ!

悪くなってから治療ではなく

悪くならないために体を整える

頑張っている体を

癒してあげて下さいねウインク

9月30日まで

あと10日も切りましたが

最後までやり切ります!

有終完美ビックリマーク

それではまた~

【マロミ化粧品店のLINE】

毎週火曜日12時に

男前になるスキンケア情報を

発信いたします

【お金をかけることが
美意識高いわけじゃない】

友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

その他の
お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 洋服の可愛さを引き立たせる眉メイク

  2. 男の肌を勘違いしている人が多い。肌は身体を守るだけの皮膚ではない。

  3. 誰も嫌な思いをさせないことは…眉で出来る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する