眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

欲張り過ぎると…やっぱりそうなる。

昨日は
板坂裕治郎さんのブログセミナー
無事に終わって
今日は
青森県は津軽方面を
観光案内してきます。
どこに寄って
何を体験してもらうのか?
妄想してスケジュールを考える事は
楽しみでもありますグラサン
せっかく
広島県から青森まで来てくれたから
時間の許す限り…
いえいえ
欲張ってはいけませんビックリマーク
青森の良さを
体感してもらいたいのは
強く思うのですが
それ以上に大切なのは
飛行機の時間に
余裕を持って間に合わせる事。
青森の良さを知ってもらいたい!
という想いの強さはあっても
時間の余裕を忘れちゃいけない。
眉を整える時も
理想像を浮かべて
あんな眉にしたい
モテたい。清潔感があると言われたい。
仕事出来る人オーラを出したい。
こんな事を思うのですが
理想像もあまり浮かべ過ぎると
結局、
どんな眉の形にしたらいいのか
わからなくなる。
欲張り過ぎるのも
これまた良くない。
ボクが
眉の形を考える時
程よい余裕も考え
理想の姿(なりたいイメージ)と
相手から見られた時のイメージが
一致しているか?
これを見ます。
特に
仕事上、相手から見られた姿は
意識して見ます。
仕事が出来て
周りから「すごいよね!」って
言われた方がいいですよね?ウインク
眉があなたの印象を作くる上で
大きな影響力を与える箇所は2つ
1眉山の下のムダ毛の有無
2眉頭〜眉山(角度・直線度合い)

アップ眉山の下のムダ毛

アップ眉頭から眉山

この2つです。
この2つで
印象を大きく変えることができます。
でもまずは
あれもこれも…と
なりたいイメージを欲張らず
絞って
その眉の色、形が
どのように見られているのか?
これも考えてみてくださいね。
それでは、
板坂裕治郎さんを
青森観光に連れ回してきますww

【マロミ化粧品店のLINE】

毎週火曜日12時に

男前になるスキンケア情報を

発信いたします

【お金をかけることが
美意識高いわけじゃない】

友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

その他の
お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 不幸になるために生きている人は誰一人いない。

  2. 何かを変えたいと思うなら、事前調べよりも

  3. 本当の自分自身を知るためには感情を言葉にして表現してみること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する