眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【眉の角度を変える】急な角度の眉はこうやって直す!

先日、

セルフ眉メンテンナンスをして3日

気付けば、もう伸びてきた

昔は、細く急な角度にしようと

眉毛抜きまくっていたから

今も、その名残がある…滝汗

それは仕方がない

この状態からどうにかする方法

ありますよひらめき電球

眉を書かなくても

眉の角度を変えてみせる

眉メンテナンス方法がある

原理はとても簡単で

眉頭の下を切る

たったこれだけビックリマーク

眉の角度が

急な角度に見えるのは

眉の高低差

これがあるからです。

下矢印下矢印下矢印

アップこの眉の高低差

少なくするために

眉山の下を切ります。

ね?シンプルでしょ?ウインク

眉の高低差を少なくするためには

眉山の毛を切る

という方法もあって

間違ってはいないんですけど

眉山をいじり過ぎちゃうと

眉が下がり過ぎて

アイドルみたいな下がり眉になる

男の下がり眉…

か、かっこよくは無いなあせる

なので

失敗の少ない眉山の下

ここを切る事を

オススメしますよウインク

それではまた~

【マロミ化粧品店のLINE】

毎週火曜日12時に

男前になるスキンケア情報を

発信いたします

【お金をかけることが
美意識高いわけじゃない】

友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

その他の
お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 失礼がないように顔に触れる…つもりが逆効果につながる

  2. なかなか教えてくれない『少し眉を太くする方法』

  3. 化粧品の使い方を聞くとき”尋問”になってないですか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する