眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【茶色い眉は優しい?】男性が眉を書くときの色選びで忘れちゃいけない事

年に数回

東京に美容の勉強で

行くことがあるんだけど

その時に

必ず一度は話題になるのが

男性の美意識

先日も

東京では70代の男性が

エステをしてメイクもしている

というのを聞いて

都会と青森の

男性の美意識は

ここまで違うのか!?

と驚いた

70代・・・以前に

男性でエステを受けて

肌を整えていても

しっかりメイクまでしている人は

地方ではほぼいない。

もしかしたら

数年後?十数年後?

青森の男性もメイクするのが

身だしなみとして当然

という時が来るかもしれないけど

ただ、現状を考えると

そんな流れはまだ感じないビックリマーク

周りにお化粧する人が増えて行ったら

確実に男性の美意識は変わるウインク

今、男性の美意識で

印象を変えられるのは圧倒的に

image

全体的にメイクはしていなくても

眉を書いている人は青森でも

何人か見たことがあるひらめき電球

キリっと見せられるのも

柔らかく見せられるのも

眉の形、色で変わるビックリマーク

まぁ、その中には

せっかくの美意識が残念な方に

向いちゃっている人がいた汗

肌も白く

肌のお手入れも

意識していると思う

髪も黒髪で

清潔感を出そうとしているもの

すごくよく分かった

ただ、眉!

問題の眉が

めちゃめちゃ茶色かったあせる

眉毛だけが違和感と共に

浮いて見えた

眉の色選びの時

黒(グレー)or茶色

という通過点があるビックリマーク

ここからは

ボクの妄想だけど

眉が茶色かった人は

黒(グレー)のイメージは

キリっとしっかりひらめき電球

茶色のイメージは

柔らかく優しいひらめき電球

というのを勉強して知っていて

どう見られたいのか?を考えた時

キツいイメージには

絶対に見られたくなく

柔らかいイメージに見られたいビックリマーク

という理由から

眉を書く色を茶色にした。

…だとしよう!

柔らかい印象にしたい!

という希望を持つことは

何も悪いことはないし

茶色い色は

柔らかい印象を与えるのも

間違っていない。

ただ、あまりにも茶色すぎた滝汗

眉を含め、メイクの考え方は

今あるもの(今の状態)を

どれくらい調整するか?

これを忘れてはいけない。

眉で柔らかい印象を

持っていこうと思ったまでは良いけど

元々生えている眉の色から

あまりにもかけ離れた眉の色は

インパクトはあるけど

同時に違和感でもある

違和感なく

周りにバレないように変えたいなら

元々の状態を見る必要がある。

茶色でも

グレーに近いダークブラウン

もしくは

グレーという表記でも

茶色が含んでいるグレー

この辺を考えてみて

眉の色選びをする必要があるビックリマーク

image

戦略的にインパクト(違和感)を

持たせるのか?

自然に周りにバレない程度に

眉で印象を作っていくのか?

それは

あなたがどうしたいか?で

決まります。

&n
bsp;

眉の色選びは

もう少し深掘りできるので

また次回、お伝えしますねウインク

それではまた~

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人前で話をする人の話の構成を考える時に大切にしていること

  2. ダイソーの水出しボトルが最高だった

  3. 強い想いを伝え広めるためにも必要なことは○○。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する