眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

新規顧客の獲得や信頼関係が大切な仕事をされているなら…

image

この気温の高さはなんや?晴れ

昨日は炎天下の元

娘の運動会だった

保護者のお父さんお母さん

みんなお若いっビックリマーク

何気なく目に入ったのが

お父さんたちの眉

中には

刈り過ぎじゃない?

というお父さんもいた

男の人は

多くが眉1本1本が太く

いわゆる

ゲジゲジ眉が多い

image

だから

電気シェーバーに付属している

4mmとか6mmのアタッチメントをつけて

一気に短くしてしまう。

眉を短くしてしまうのは

個人の好みの問題

それに、今は

男でも眉を整えるのは

当たり前の時代だし

眉を整えている方が

オシャレという観点もあるひらめき電球

ただしビックリマーク

眉を短く刈り過ぎちゃうのは

オシャレ感というより

”やんちゃ感”が出るのは間違いない。

滝汗「良かれと思って眉を整えていたけど

やんちゃに見られているんじゃないか?」

と疑問を持ったら

今こそ、眉を考えるチャンスビックリマーク

眉を整えて清潔感なのか?

眉を整えてチャラさなのか?

アップこの

ビミョーな境界線を制する者が勝つグラサン

どっちのイメージでも

いいんだけど

あなたの仕事で

その眉の雰囲気は

合っていますか?

アップこれは

眉を伝える上で

外してはいけないことと思っているビックリマーク

例えばの話をすると

いま、青森でも

青森県知事を決める

選挙期間なんだけど

政治って一般的な感覚として

誠実・真面目・現実的な感覚

こんな人に任せたいよね?

それなのに

立候補者の中に

眉が細く、さらに短くて

やんちゃ感が出ちゃったら

絶対に知事には選ばれないでしょ?あせる

見た目って

話したことは無いけど

「この人ってこんな人だろう」って

イメージを勝手に持たれるから

仕事で接客業で

ましてや、

新規顧客の獲得や

信頼関係がモノをいう仕事だったら

あなたのイメージ戦略は

ものすごく大切になってくる

眉はあなたのイメージに

大きな影響力を与えてくれる

そして

眉の形や身なりに意識が傾けば

あなた自身も変わってくるビックリマーク

眉を整えるだけでも

眉の形を意識的に作るにしても

これから

ますます男の眉は普通になってくるから

知っておいて損はないですよ

男の眉でも

形を作るときに必須な

眉アイテムになるのは

眉カットのハサミと

パウダーアイブロウ

下矢印下矢印下矢印

image>

image

コスメデコルテ

パウダーアイブロウ GY002

4,000円+税

BISHODO

アイブロウブラシ 2,800円+税

真っ黒になる色ではなく

ブラウンも混ざったグレーだから

周りにバレず

自然に眉の形を変え

あなたの印象も変えるウインク

image

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブログを継続するのは誰のためにすると思う?

  2. 失敗せずに出来ることがいいことじゃない!

  3. どうしても自分で自分の足を引っ張ってしまうなら、やってみてほしい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する