眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

私の眉はこれで合っているんだろうか?という不安を抱えたまま書く眉

ここ最近TVを見ていて
常に目に入るタレントさんが
渡辺直美さん
あのキャラの独特さやメイクは
ビヨンセのモノマネを
世界で披露したころから
一貫している感じビックリマーク
一方で
平野ノラさんは
出始めは
ゴリゴリの肩パットに
真っ赤なジャケットで
バブリーな雰囲気を出していたけど
実は
意図的に真っ赤なジャケットを
徐々に着ないようにして
その時の流れに合わせられるように
バブリーだけの
イメージだけじゃ無いようにしている
だから、最近は
真っ赤なジャケットは
着ていない
バブリーネタもやるけど
もともとのキレイな顔立ちを生かして
面白いけどキレイなお姉さんキャラに
なっている。
その時、その時代で変えていくひらめき電球
これってとっても大事ビックリマーク
先日
眉のレッスンで来てくれたお客様は
毎朝、眉を書きながら
ショボーン「これで合っているんだろうか?」
そんな不安を抱えて
毎日お化粧してきた。
不安を抱えたまま
眉を進めるのと
なぜ、この形にするのかを
理解しているかでは
簡単に書けるだけじゃなく
表情にも自信が満ちてくるビックリマーク
んで
お客様は
なりたいイメージの大切さを
理解してくださって
すんなりとイメージは共有できた
いくつかのイメージの中に
共通していたのが
キツく感じるのではない上品さ
これがあったひらめき電球
上品さは
めちゃめちゃ大切で
30半ばも過ぎたら
可愛いでも柔らかいでも
どんなイメージにでも
”上品さ”は必須
その上品さは
行き過ぎるとキツく見えるから
その加減が大切
その辺を説明して
実際に書いて練習練習音譜
image
その仕上がりが

キツくない上品さ
あるでしょ~照れ
ビフォーアフターを比べると
一目瞭然下矢印下矢印下矢印
image
ねっウインク
自分一人で考えて
これからのイメージを考えることは
結構大切。
それが
客観的に見た時に
あなたにぴったりなのかは
一人では判断するのは難しいあせる
客観的な目も必要目
始めは説明しながら
ボクがお客様の眉を書いたけど
最後はボクの眉より
お客様の眉の方が上手で
雰囲気にぴったりだった。
その後、
ウインク「楽しかったです」
というメッセージをもらい
不安だった眉を
楽しく自分で書けたのは
大きい進歩だったなひらめき電球
と改めて感じました。
あなたが思うなりたいイメージと
客観的ななりたいイメージ
両方のいい点を
明日からの眉に生かしてあげてねウインク
Kさん、
脱帽するほど
眉を書くのが上手でしたラブ

BISHOUDO
アイブロウブラシ 2,800円+税
ぼかしもはっきりした線も
自在に書けるアイブロウブラシ
これだけでも
眉は上手に書けるブラシ
それではまた~

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯tors-type=”telephone”>090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 沖縄にはなぜ桜が無いのか?その理由が深かった。

  2. 失礼がないように顔に触れる…つもりが逆効果につながる

  3. 最強寒波って言うけれど…実際のところは知らなきゃわからない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する