眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

クイーンエリザベス号が初寄港の青森。イベントに参加した訳は

【大切なお知らせ】

2019年5月9日の夜に

お問い合わせメールフォームから

メイクレッスンでお問い合わせを

下さったお方へ(イニシャルMさま)

返信先の携帯アドレスに

返信をしたのですが

メールが返って来てしまうため

いま一度、アドレスをご確認の上

再度、お問い合わせをお願いします。

-----------------------------------—-

先日、クイーンエリザベス号が

青森市に初寄港した話

この日限定で

メイクアップアーティスト&書道家ww?

として

イベントをさせてもらった

こうやって

写真を振り返ってみると

この時は

目の前のことで

手一杯だったけど

もっとこうしてみたら、

もっと思い出になったろうな!

というアイディアが

めちゃめちゃ浮かんでくるひらめき電球

ほぼわからない英語レベルで

外国人のイベントに突っ込んだのは

せっかく青森に来てくれたんだから

一生の記念に残る思い出を

残してもらいたい

という事もあったけど

言葉が通じなくても

伝わるものはある!

という考えがあったからひらめき電球

(ボランティア通訳さんがいることも

事前に知ってはいました)

24歳の時、

ひょんなことから

アメリカに1ヵ月住み込みで

働くというきっかけをもらい

アメリカに行ったのは良いけど

英検5級レベルだから

アメリカ生活の日課は

1毎朝、子供向け番組を見て

英語を少しでも覚える

2毎日外国人スタッフと会話する

3休みの日は必ず買い物に出る

これを心がけていて

その日々の生活の中で

とあるイベントがあったので

一人でプラプラしていると

ゴスペルを歌っている

黒人種の人たちのブースがあって

誰もいなく

ちょっと歩き疲れたから

そこのブースの前に座って

ゴスペルを聞いていると

当然、、英語で歌っているから

何言っているかわからないんだけど

「まだまだ世の中には

人種差別があってツラい汗

人種差別のない世界を…ショボーン

そんなことを

歌っているんだろうなと

なんとなく伝わって来て

ちょっと

ウルっと来るものがあったぐすん

すると指揮をとっている人が

こっちを向いて

「Hey! Stand Up!

everyone HUG」
立ってみんなでハグしよう!

これだけは聞き取れて

気付けば周りには

50人以上は居る人だかりビックリマーク

隣を見てみると

1日5食はハンバーガー食べていそうな

超~大男が居て

断るわけにもいかなく

ハグ文化に慣れていない

  • コメント: 0

関連記事

  1. 顔に青あざがある時

  2. 自分の体をコントロールする

  3. まぶたのくぼみで疲れて見られる、やつれて見られるなら、まぶたにどんな色をつければいいの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する