眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉が上手く書けないのは、あなたが悪いわけじゃない。

普段はインスタを見て

メイクだったり、ヘアアレンジの

時代の流れを

なんとな〜く眺めているんだけど

若い子なんか特に平行的な眉

もしくは、下がり眉にしているのを

よく目にする。

若いうちは

流行に合わせて

メイクを楽しめるからいいよねクラッカー

どんどん楽しんでほしい照れ

違う言い方をすれば

若いうちだから

いろいろ挑戦できるビックリマーク

ただ、ある時を境目に

そろそろ私にも若さだけじゃなく

上品さも必要なんじゃない?

と思うようになる。

たいたい30歳を過ぎたあたりかな〜?

20歳の時もメイクを

40歳でも全く同じメイクだったら

ぶっちゃけ、痛い人でしょえーん

雰囲気を変えるだけじゃなく

上品さや目ヂカラを与えたり

立体感を感じさせるためには

眉を意識的に書けるようにすることビックリマーク

先日来てくれたお客様

眉を書くことに自信がなく

かと言って

前髪で隠すこともしたくないから

眉の書き方を知りたい!と

眉のポイントメイクレッスンに

来てくれた。

眉を書く事に自信が無いと

色や線にも自信がなく

色は薄く、線も細い。

ちょっと前髪が眉に当たると

気づいた頃には眉が薄くなっている。

ビフォーの状態から

眉を変えるために

特に意識したことは

太さ・輪郭・角度

この3つひらめき電球

もう一度ビフォーアフターを

見比べてみますね♪

目ヂカラというか

表情に力が入ってきて

違うでしょ?ウインク

なにより

立体感が一気に出たビックリマーク

今回、使用したアイブロウアイテムは

コスメデコルテ

コントゥアリング アイブロウ BR301

4,500円+税

BISHODO アイブロウブラシ

2,800円+税

このペアだと

ふんわりと柔らかい眉も

キリッと眉もどちらも書けちゃうウインク

この後、お客様は

美容室に行ったら

担当の美容師さんは

すぐに眉の違いに気づいて

褒めてくれたそうです

褒められるって嬉しいよねデレデレ

眉を書く!となれば

難しいと感じるのは

眉全部を考えるから難しいショボーン

だけど

あなたの場合は

どこを意識して書くのか?

そして、なぜ、ここを書くのか?

そこまで理解できると

眉=難しいという概念が変わるビックリマーク

ピンポイントで知れば

あとは集中して

それを練習するだけ。

「眉は奥が深い」

「眉はその人の印象を作る」

「みんな、眉は難しいと言っている」

実際にそうなんだけど

原因は伝える側にもあると思っている

難しい事を

そのまま難しく伝えるのは

誰にでも出来る

簡単な事を

さも難しいかのように伝えるのは

承認されたい願望がめっちゃ強い人

(昔のボクだ…ゲロー)

伝える事をやっていくと

いかに難しい事を

シンプルにわかりやすく

そして、

自宅で1人でも出来るようにできるか?

そこに行き着きく。

これは

昔、「男でも美容を語れるんだぞ!」と

自分の腕や知識をアピールしようと

簡単な事をさも難しいように伝え

結果、ただの自己満で

誰にも理解されなかった…

という経験があるから

痛感するところでもある

難しいと思われているのを

噛み砕いて、わかりやすい言葉で伝え

実際に出来るようにするのが

メイクを伝える人の役目

だから

あなただけの責任ではない。

いろんなパターンを経験して

あなたに合った方法を

伝えて行きます!ウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony



マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. プロフェッショナルとは決して〇〇に詳しい人のことではない。

  2. プロフィール写真を撮る前で売り上げは決まります。

  3. オンラインでの美眉レッスン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する