眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉の書き方が上達できる人となかなか上手く書けない人の差

平成→令和まで
もう少し
これを機に切り替える人も多く
いろんなテレビ番組に出ている
指原莉乃も年号の移り変わりと共に
AKBグループを卒業する。

指原莉乃は過去に
恋愛禁止のルールを破って
AKBから博多のHKTに
飛ばされた形になったけど
それでも、今では
AKBを代表する一人にまでなったビックリマーク
アイドルの闇な部分は
よくわからないけど
復活してやる!ムキー
相〜当〜努力したんだろう。
眉も
上手に書けるように
楽に書けるように
と、みんな努力している。
努力してスキルアップできる人
努力してもどうも
上手く書けない人がいる。
その違いって何だろう…と
今までメイクレッスンをしてきて
振り返ってみると
疑問に感じた事を
放っておかない
対面して眉の書き方を伝えるにも
いろんなブログで情報を知るでも
皆、いい事伝えているし
いい事も書いている。
ただ、情報を得る側にとって
情報量が多過ぎる
という事もある。
どれもいい情報過ぎて
逆に覚えきれなくなる。
ってことビックリマーク
情報を得ると、それだけで
スキルアップしたような気になりません?
でも、実際にやってみると
「あれ?ここどうするんだっけ?」と
疑問になる。
ボク自身、ヘアアレンジとか
やり方を見ていると
ウシシ「な〜んだ、簡単じゃん!」
と思って
調子こいて実際にやってみると
全く仕様が違って「あれれ〜?」っと、
頭が真っ白になった事は
これまでに何回も経験してきた汗
それでもスキルアップ出来たのは
疑問に感じた事を
放っておかずに
解決したからだと思っている。
何度かチャレンジするか?
わかる人に聞いて
ちゃんと解決まで持っていく。
先日初めて来てくれたお客様
眉の書き方に苦戦していたようなので
意識するべきポイントを伝えると
2週間後に、また来てくれた照れ
前回の事を踏まえて
自宅で一人でやってみたら
わからなかった事が出てきて
その疑問を解決しに来てくれたビックリマーク
すると最後には
お客様自身から
どこを意識するべきなのか?
ポイントを確認してくれた。
理解出来たから発言できる。
これが大きな一歩!
情報を得たとしても
それがゴールではなく
自宅で一人で出来ることがゴール
なので
ボクのメイクレッスンの理念として
自宅で一人で出来るようになるまでが
メイクレッスン

コレをを掲げているビックリマーク

眉だけに限らず

何の事でも知っただけで

満足しちゃ

本当のあなたの身には

なってないですぞ〜!

わからない事、疑問に思った事を

実践するなり聞くなりで

もう一歩解決させる事。

そのお手伝いが

化粧品店の役目でもありますウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 実は簡単な眉の形を変える眉毛の書き方

  2. 奇跡の起こし方と奇跡の正体とは…

  3. 【超有料級】YouTubeプロデューサー小野マッチスタイル邪兄さんが教えてくれたYouTube戦略

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する