眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

目の前ばかりを気にして、大切なことを見失う。

先日、

日本の食品破棄問題から

商品棚の奥から

賞味期限が長い商品を取って

賞味期限切れが増える

ということを言われていた!

あなたは賞味期限気にしますか?

モラル的には

手前の賞味期限が近い物を取る

とされているし

食品破棄問題から

注意喚起もされている。

ムキー「食品棚の奥から取るやつは

クズ人間!」

と豪語している人…自分に甘い説グラサン

食品を買う時

物を選ぶのは当然だと思う。

特に

野菜や肉、魚は

賞味期限が近かろうが

少しでも質が良いもの選ぼうと

ら品定めする。

同じ金額でも

・ズッシリと重く詰まった野菜

・脂身まみれのバラ肉よりは

赤身の多い肉

・目が透き通っている魚

選ぶよね?

今、店頭に並んでいるイチゴ買って

帰って来て開けたら

下になったイチゴが潰れて

白い綿のようなカビが生えていたら

ショックでしょ〜?

だから

品定めはする🍓

ボクは

野菜、肉、魚は

質が良さそうな物を選ぶ。

豆腐とか牛乳は

賞味期限は気にせず

手前から取る

今日使うような食品が

見切り品で30%オフになってたら

ラッキー!と思ってカゴに入れる

そんな感じの買い方。

商品棚の奥から取るから

食品破棄が問題になっている

というのは

商品を奥から取る人を

人間としてどうなん?って

イメージを植え付けて

そもそもの問題を

解決しようとしていないのか

責任転嫁させているんじゃ?

そんな

本当の問題から

目を逸らすことの話題かな?

って思う。

目を逸らさせるのは

メイクでも同じ事言える。

コンプレックスも

個性だから受け入れろ…とは

最近特に見聞きするし

共感するところもあるけど

でも、気になる所は気になる!

そんなもんですニコニコ

メイクなんかも

どうやってコンプレックスを無くすか?

はじめに考えることだけど

目を逸らさせる事も

知っておくと気が楽になる。

そばかすがあって

嫌と思うなら

肌のキメを整うように

ベース作りをするひらめき電球

目がキレイなら

目ヂカラを強調する目

そうやって

そばかすに目を行かなくさせる。

これもメイクの考え方。

コンプレックスを気にするな。

という世の中の流れは

ボクが言うとすれば

コンプレックスを気にし過ぎると

あなたのネガティブな事しか

注目しなくなっちゃう。

それよりは

良いところに注目してみよう!

そんな感じ。

メイクの考え方で

目を逸らす。

というのは

違う言い方をしたら

良いところをアピールする

とも言えますビックリマーク

あなたの良いところ。

褒められるところ。

意識すれば必ずあるはず。

さて、それはどこ?ウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 物静かな人とコミュニケーションを深めるためには…

  2. プロはなぜ、ベースメイクが大事!というのか?

  3. 年末年始の挨拶は、何の目的で足を運んでいますか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する