眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

誰だってダサいよりはオシャレに見られたい。オシャレとダサいの境界線は?

福井県の美人議員さんが

自身のフェイスブックに

獣肉や自撮りした投稿が
 

命を軽蔑していると

東京の動物愛護団体から

辞職を求める要望が来たとか…。

アップ福井県の児玉千明議員さん音譜

ボク達が食べる

鶏肉・豚肉・牛肉…

最近ではシビエ肉とかで

注目されている鹿肉・イノシシ肉も

動物といえば動物。

まぁ~、この辺は捉え方が

人それぞれだろうね。

ってか

ロッキー、完全にアウトやんっあせる

ただ、

今回のニュースを見て

気になったのが

”東京の”動物愛護団体の方が

不快に感じた投稿を見て

その投稿者が

たまたま福井県の議員さんで

議員辞職を要望してきた。

という事。

地元のためにどんな活動をして

地元民の評価での評価ではなく

SNSの投稿で

県外から辞職要求が来るとは…。

議員さんとなると

気軽に情報発信も出来ないね。

今回話題になった

福井県の議員さんも

見た目は政治家雰囲気

いい意味で全くないよねグッド!グッド!グッド!

・美容師資格

・猟銃免許

・高浜町の町議員

美容師免許を持っているだけあって

女子力高いって感じね

オシャレな雰囲気って

何で作られるのだろう。

ヘアアレンジもファッションもあるけど

ポイントメイクでコレ!と言うなら

アイメイクの

グラデーション

かな?

アイメイクって

結構奥が深くて

一重や奥二重の人って

アイメイクに労力をかけた割に

見た目ではわかりにくい

かと言って

しっかりやり過ぎると

ケバくもなるし

ゴールデンボンバーみたいになる

それでも

まぶたにアイシャドウの色があって

目の際に濃い色があって

グラデーションになっていれば

あなたが鏡で見て

まぶたに隠れちゃっていも

あなたを見る人は

あなたが瞬きをする瞬間

グラデーションが見える。

たった2色しか使っていなくても

派手な色を使っていなくても

まぶたにグラデーションを作って

それが相手の目に入れば

オシャレ感は伝わる

男の人の感覚って

派手な色使いよりも

上手なグラデーション仕上がりに

魅力を感じたりするもんよグッド!グラサン

一重まぶた、奥二重まぶたさんも

相手に伝わるグラデーション

やってみてウインク

福井県の高浜市も

今回の炎上である意味

注目度はナンバーワンだと思うから

これを機に

いい方向になればいいね

青森でも若い新人議員さんが

過去に放ったSNS投稿が

全国ニュースになるくらい

問題になったことがあって

その時は青森市民より

県外の方から電話でのクレームが

ハンパなかったらしいけど

そんなことにはなりませんよーにグラサン

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肌に触れることはいいこと悪いこと?

  2. 同じお金を払うのでも、良かった~と思う出し方と嫌な気分で出すお金がある

  3. ブログスランプ。ブログを書くのがツラくなった時の対処法。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する