眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

いい化粧品、いいメイク、いいヘアスタイル。”良い”の定義とは…

池江選手の白血病告白で

お偉いさんの”ガッカリ発言”で

党同士で

言い合いになっているけど

お偉いさん同士の言い合いって

失言があると水を得た魚のように

イキイキとしているように見え

聞いていても

素直に耳に入ってこない…

仮に正しいことを

言っていたとしても

白目を剥いて聞いちゃう。

正しいことは正しい!で

客観的に聞けるように

しなくちゃいけないんですけどねあせる

昨日のブログで

右矢印化粧水は要らないという説。その本当の意味とは…

あのメンタリストのDaiGoさんの

ブログに書かれた

高い化粧品はほぼ意味がない。

というタイトルのブログに

触れたんだけど

DaiGoさんのブログで

右矢印メンタリストDaiGoさんのブログ

良い化粧品とは…

という言葉があったんだけど

良い化粧品の”良い”の定義って

なんでしょう?

女性と話をしていても

「いい化粧品って何ですか?」

と聞かれることもある。

いいスキンケア

いいメイク

ちょっとニュアンスが違うけど

幸運メイク、愛されメイク

とかも同じかな?

ボクが思うのは

自分がどう感じているか?(自己採点)

だと思っていて、

Aさんがイイと思っても

Bさんには合わない。

そうビックリマーク

化粧品って

スキンケアでもメイクでも

万人に共通して”合う”のは無い

ということは

あなたも理解している通り。

化学の面で根拠が取れも

中身だけじゃなく

そのほかの要素として

その人の肌質

化粧品の使い心地

使い方…etc

これらで、

同じ化粧品を使っても

結果は同じにはならない。

いい化粧品って

その人にとって

みんな違うんだよね。

学者さんたちの研究は

参考もなるけど

それですべてが決まるわけじゃないビックリマーク

だから、DaiGoさんも

広告やうたい文句に騙されず

一気に解決するのではなく

1つずつ解決していこう!

そう発言していたはず。

化粧品店は

目の前に人に対して…

という気持ちが強いから

何が原因で

肌トラブルの現状を

どう紐解いていこうか?と

ビフォーアフターも含めて

親身になってくれるはずビックリマーク

ネットで買うのもいいけど

もうそろそろちゃんとしなちゃ

と思ったら

化粧品店で相談することも

頭の隅っこに入れておくだけでも

ボクは嬉しい照れ

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとな友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自然の猛威にはかなわない…。

  2. 懇親会がある時にもブログは役に立つ!

  3. 阪神淡路大震災「自分だけが生き残ってしまった」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する