眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

化粧水は要らないという説。その本当の意味とは…

先日、あの有名な
メンタリストのDaiGoさんが
ブログで
高い化粧品は意味がない。
化粧水はいらない。
日焼け止めと保湿だけでいい。
値段と効果は比例しない。
といった内容で
ブログを更新していて
あんな有名人の一言って
ものすごく影響力がデカくて
化粧品に携わっている人なら
ガーン「おいおいマジかよ~」
ムキー「反論は出来ないけど
とりあえず、『そんなことは無い!』
っとだけでも言っておく」
こんな感じでしょ?
他の業界でも
いままで使っていたものが
有名人の
グラサン「実は使わなくてもいいんですよ」
という一言があったら
ムキー「オイィィィ~」って
ツッコみたくなりますよね?
んで
メンタリストDaiGoさんの記事。
理解できる部分も出来ない部分も
両方あるのですが
DaiGoさんが
このブログを出した意図として
〇〇は不要!という事を
言いたかったわけじゃない。と
感じるんですよね~ビックリマーク
そうじゃなくて
新しい成分や新登場の方法など
いろんな情報に惑わされず
1つずつ解決していってね。
こんなメッセージが含まれていると
感じましたビックリマーク
〇〇は要らないとか
〇〇だけでいい
こんな表現は
インパクトがあるから
読んでもらうために
多少?盛ったとしても
核心的な事は
なんでも感でも欲張って
手を出さずに一つずつ
解決していってね。
なんだと思う。
先日来てくれたお客様。
ファンデーションが欲しいとの事で
最終的に2つまで
選択肢が絞られ
金額も倍ほど違うのですが
最後、購入の決め手は
見た目(外観)でした音譜
化粧品は成分だけじゃなく
感触、仕上がり感や外観など
いろんな要素で選ぶ。
理論的な事で説明がつくことと
理論じゃ説明付かないことも
お客様と接していると
起きてくるもんです。
ところで
化粧品を使っても意味がない?
という意見に対してボクの意見は…
実際に
化粧品を使っている人の肌や
美容に関しての考え方を
見聞きすれば
あなたなりの判断が出来る
というところですかねウインク

  • コメント: 0

関連記事

  1. デメリットを伝えるということは売り上げ低下につながるのか…

  2. 全国紙からのオファー来たーー!…

  3. いつもすぐに落ちちゃう眉毛。パウダーアイブロウの眉毛の書き方。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する