眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

無責任じゃないですか?を違う見方をしてみると…

嵐の会見での質問に

「無責任じゃないですか?」

という言葉。

いま、大問題になっていますね〜。

なぜ無責任という言葉を

使ったのだろう?

誰が質問したのかは

わからないけど

誰が質問したんだ?と

犯人探し&バッシングに

発展していますね。

日本の社会が

そこに反映されているのかな?と

仮説を立ててみると…

もしかして

大野くんの「自由になりたい」

という言葉に反応して

「無責任」という言葉に

つながったのではないか?

自由=悪

世の中では

そんなイメージが

正直、多いのではないでしょうか?

もし、そうだとしたら

質問した方の価値観や

働いている環境が

あまりにも過酷で不自由で

すでに

地位や名誉を得た嵐が

今度は自由まで欲しいか!?

そんな感情移入もあり

いわゆる妬み、やっかみから

「(自由がなく足かせをつけながら

働くのが日本の常識。

苦しい社会から逃げ出すだなんて…)

無責任じゃないですか?」

と発言したと妄想すれば

発言した人の性格もあるだろうけど

その背景には 

記者さんの性格を作った環境って

どんな環境だったんだろう?と

疑問に感じるところでもあるビックリマーク

詳しいことはわからないけど 

つくづく、妬み&やっかみって

いやなもんですね。

普通に生活しても

人と接するということは

少なからず

周りの目はあるはずです。

極端に目立たなくても

どう見られてるんだろ?

ダサいって思われてないか?

こう思ってしまうと

途端に自分の容姿に

不安を持ってしまうんですよね。

不安は周りの環境でも

左右されることもあるけど

同時に

自分自身で変わるものとも

思っています。

そういう時こそ

美容の身だしなみが

大切になってきますキラキラ

メイクでひとつ選ぶとしたら

口紅ですね口紅

眉やアイメイクでも

雰囲気を変えられるのですが

時期も

春に向かっていることをか考えると

少し明るめの口紅つける

すると

顔色に血色を与えて

顔自体がはっきり見えて

明るく見えてくるんです。

 口紅をつけていて

自分自身で良いと感じ

さらに、周りからも

「その口紅いいね!」って

言われたら

いい口紅を選んでもいる証拠です。

不安なっても

この口紅があれば大丈夫!と

鏡を見るたびに

自分を取り戻すというか

自信をつけるウインク

口紅の選び方もあるけど

いい口紅、いい化粧品が

手元にあることは

あなたの強みにつながりますよ!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. アトピーの人が眉アート。肌への刺激と毎日の摩擦。

  2. 【整え方】眉を整え方がわからない。簡単で効果絶大な眉を整える箇所。

  3. アスリートで眉を書くことが多い競技

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する