眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

面倒でメイクをしないのではなく、本当は”わからない”からメイクをしない。

先日、
初めて来てくれたお客様
メイクは”ほとんど”しない…と。
理由を聞いてみると
面倒くさいという気持ちもあるけど
それ以上に
どうやっていいかわからない。
という理由で
ほとんどメイクをしないで
過ごしていたようですウインク
ほとんどメイクしないだけで
全くメイクしないわけではない合格
本当は
メイクは難しいもの…
そう思って、手をつけられずに
無難なメイクでいつも
済ませちゃっていませんか?
ボクがオススメする
メイクの考え方は
テクニックを知るのもいいけど
あなたの印象を知ること
これをオススメします。
客観的的に見た時の
あなたの印象です!
顔立ちから
可愛い印象になりやすいのか?
大人っぽい印象になりやすいのか?
です。
デヴィ夫人を知っていますでしょ?
日曜日のバラエティ「イッテQ」
デヴィ夫人との掛け合いは楽しい
そもそも
デヴィ夫人って
元インドネシア大統領の第3夫人
代表的なセレブですが
バラエティ番組では
イジられ役で出ている。
それでも
デヴィ夫人は出演し
さらにいろんな挑戦を続ける理由は
「今、自分に求められている事
必要とされていることを
タレントしてやっているからです」
アップこれは
デヴィ夫人がインタビューで
言っていた事なんですけどね
デヴィ夫人自身が
セレブポジションの意識ではなく
タレントとして出演している。
客観的求められている事を知る
これは
はじめに書いたメイクする時の
あなたの印象を知ること
と同じ事です。
あなたの印象を知るには
客観的に見てくれる周りの意見が
必要となってくるのですが
何を言われるかわからないし
本音なのか建て前なのかが
わからないので
ワクワクとドキドキが混在します汗
ブログの冒頭に書いた
初めて来てくれたお客様は
童顔と言われる可愛らしい要素を
ふんだんにお持ちでしたので
お節介にヘアとメイクをして
「ちょっとメイクするだけでも違う〜」
とハニカミながら
お店を帰られましたグラサン
メイクが難しいと思っても
一つずつ解説していったら
想像以上にメイクは難しくない
っていうのを体感できますよウインク

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉で自信を作るのはゴールではなく、そこがスタート地点です!青森から発信

  2. 眉が痒い…皮膚科に行く前に原因と対策を見つける

  3. 化粧品メーカーの垣根を超えた付き合いで変わった人生

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する