眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

歴史を残しておくことは誰のためでしょうか?

無事に成人式、終わりました!

成人式が終われば

次は卒業式

全国的にも

ガーン「この卒業式を持って閉校します」

だったり

えーん「〇〇小学校と○○小学校が

統合します」

という話題が出てきます。

ボクは青森市でも

割と中心地にある

橋本小学校という

オフィス街の中にあって

すぐそばには飲み屋街

という立地にある小学校でした。

親が自営業している子が多く

半分くらいは自営業の子

でしたでしょうか?

ボクが小学校6年生の時は

6年1組、2組とあって

1クラス男女10人10人の

計20人くらいの学級で

ボクの一つ下の学年からは

1クラスに統合されていました。

それが26年後の今は

小学校3年生と4年生

小学校5年生と6年生が複合学級

全校生徒、合わせて35人

立地は中心地なのに

中身は地方のようです。

以前

近くの小学校と統合しようか?

という話が出ると

「母校がなくなることは寂しい」

という事で

署名運動までなったりして

いまも橋本小学校は

顕在しています。

先日、お昼過ぎに

橋本小学校の前を歩くと

小学生が10人位が集まって

校庭で遊んでいました。

お昼休みと言えば

我先にと校庭に走って

場所取りをしたもんですけど

今はパラパラとしか人がいない。

同じ学年で

フットサルすらできん!

運動会は

午前10時で行程が

全部終わってまうやん!

こんなにも

少子化が進んでいるのか…。

衝撃的な感覚でしたショボーン

調べてみると

橋本小学校の近くの小学校も

低学年は

複合クラスになっている小学校が

あるとのこと。

小学校の統合で

自分の母校がなくなるのは

なんか寂しい気持ちはわかります。

それに

少人数は少人数なりに

出来ることがある。というのも

わかります。

ただ、

現状の小学校の児童の数を見ると

小学校同士が統合して、

複合ではなくひとクラスで

レベルにあった授業

そして

友達が増えることで

やれることも増えたほうが

いいんじゃないか?

と思います。

自分の過去は

消えるわけではないけど

これから生きていく

小学生のことを思ったら…

小学校の統合は

子供のためでもあるのと

感じます。

人口減少・少子化という時代。

どの世界でも

基本と時代に合わせることは

必要と思います。

メイクも年代と共に変わり

また振り返るように…

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓ メイクの大会で勝ったことで、絶対に勝てないと知る ほめ達検定で、褒めるとはどういうことなのか?甘やかしなのか?おべんちゃらを言うことなのか? お猿の次はヘビ!ヘビって思いのほか可愛かった♪

関連記事

  1. 【ゲジ眉を変える】眉を整えたのに、ゲジ眉感が残る秘密とは…

  2. 頭ではわかっているけど、なかなか言えないことってありますよね。

  3. クリスマスメイクで男心を掴む!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する