眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉の形を変える方法…。〇〇することかな?

捕鯨をしている日本
団体を脱退するというニュース

今回の日本の決断で
世界から非難を浴びている
あなたは何を感じます?
戦後の貧しい食事事情に
捕鯨が始まったともされ
今では
クリスマスケーキだったり
2月の恵方巻きなど
大量の食品破棄があるほど
食べ物に困るほどの
時代ではないのに
世界を敵に回してまで
捕鯨を続けるのか?
同じ命をいただくとしても
クジラは捕獲禁止で
マグロは規制はあるものの
猛反対を食らうまでもない。
牛・豚・鶏
家畜の制限はない。
その差って何だろう?
一方
いままで
日本人は勤勉、忍耐、優しい
ということで
周りに合わせて来たけど
捕鯨に関しては
周りの意見を無視してでも
考えを貫き通したビックリマーク
いろいろ考え過ぎて
気持ち悪くなってきます。
ただ、いままでの形から
変わるためには
無視しなくてはいけないことがある
それは
もともと生えてえる眉毛を
生かすことは
ナチュラルメイクの極み
自眉を生かしすぎるがゆえに
眉の形を変えるには
自眉を無視する
簡単に聞こえますが
結構難しいんですよ!滝汗
この眉、
ペンシルで書いたのですが下矢印

もともとはアーチ眉だったのを
キリっとした印象に
変えています。
注目すべきはココ下矢印

ドアップでドン下矢印

5~6本眉毛が
はみ出ていますでしょ?
これが
自眉毛を無視した眉の書き方
これで印象も違うでしょ?
自眉毛を無視して
新しい眉を書くには
パウダーよりは
ペンシルの方が向いている
そして
はみ出た眉毛は
眉カットはさみで切っちゃえばグッド!
眉で印象を変えられるのは
もっともっと事例があるウインク
眉ができるようになると
メイクってホント楽しくなります!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

=”こちら” data-ameba-id=”shrimp-10101″ data-id=”837143″ draggable=”false” height=”16″ src=”https://mayusomurie2020.com/wp-content/uploads/2020/09/837143.gif” width=”16″ class=”emoji”>https://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 2

関連記事

  1. 不安を無くする。講話サポートで初めに意識したこと。

  2. まぶたが気になる人の眉毛のポイント

  3. 凡人でも出来る天才的な発想やモノの見方をする方法。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    化粧品買うとブラシとかスポンジとかついてくるじゃないですか…あれって時期が来たら変えなきゃダメなんですかね…化粧って道具もありきで難しいですよね、パフ、スポンジ、筆、指先どれを使えば早くできるのか、、未だに謎ですね。
    落ち着いたらまた勉強させてください。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >hitomi-3100さん
    付属のスポンジやブラシは
    なんじゃこれ?使いにくっ!
    ってものあるし、
    付属品でも使いやすいのもある。
    ブラシもスポンジも
    たまに洗ってあげると
    清潔に使えるよ!
    いい道具があれば
    お化粧上手になった?と
    感じることあるから
    お店に来た時にでもゆっくり

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する