眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉山を消そうと思っても消えない。

髪を明るめに染めたら

眉毛がめっちゃ目立っております滝汗

もともと眉毛が濃いから

色の差がハンパないです。

眉毛が目立つ場所として

多いのが

眉山

眉が高くて

キツいイメージに受け取られてしまう。

だから

眉山を切り落として

緩やかカーブの眉にしたい。

でも

眉山を切っても

切った後が見え見えだし

眼輪筋のせいか?

影になって眉山に見えるガーン

こんな眉のお悩みを

持っていたりしますよね?

この場合

眉山をなんとかしよう!と

思わないことが大切です。

眉山をなんとかしよう!

という視点から


眉山が気にならない眉にする

という視点へ!

眉山が気になるということは

右矢印眉が急な角度になっている。

右矢印眉全体は細いのに眉山だけが太い。

というパターンが多く

この場合は

眉山に着目するより

実は

眉頭に注目してあげることが

大切なんです。

詳しくは次のブログに書きますが

気になるところがある場合

そこを改善する方法と

着眼点を変えて

様々な切り口で見てあげることが

大切なんですOK

様々な切り口は

客観的な視点でもあるので

一人で悩まず

数人で話し合ってみたり

化粧品店に相談したり

他人と話すことで

新しい発見につながりますよウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. メイクを相手にするなら、ハロウィンメイクは勉強になる

  2. 阪神淡路大震災「自分だけが生き残ってしまった」

  3. 他人から応援される人とは…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する