眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

左右の目の大きさの違いを何とかしたい。違和感なく自然なお化粧にするには…

昨日は家族で

毎年恒例になっている

青森県の西海岸”深浦”へ

この時期は

旬の”鮭”が獲れるので

特売で売られていました。

ニュースにもなっていましたけど

今年の鮭はやせ細っているみたい

人間だったら

やせ細っていたら

意識的にカロリーを取ったり

太ってきたら

カロリー制限をしたり

調整するけど

サンマが大量だったり

海水温が高かったり

いろんな影響がある中で

食物連鎖で変わってしまうことは

仕方がないことですよあせる

お客様とメイクの雑談をしていると

左右の目の大きさが違う

という事を

悩まれている方がいますひらめき電球

左右対称を目指すのは

日本のお化粧では

よく目指すところですもんね音譜

目の大きさは

生まれ持ったものでもあるので

仕方がない事でもあります。

お化粧で調整するにも

よくわからずにやっているか

諦めて何もしていないか?の

どちらかです。

目の大きさは

何で変わって見えるのか?

これを考えるのがヒントです。

アイシャドウです。

アイシャドウの中でも

一番濃い色のアイシャドウビックリマーク

目の際につけることの多い

アイシャドウが

目の大きさに影響しているので

もし、

少しでも左右の大きさを

同じように見せたいのであれば

右矢印もともと目が大きく見える方には

濃い色のアイシャドウの幅は

控えめにつける

そして

右矢印目が小さいと感じる方には

濃い色のアイシャドウのを

”幅広め”につけてあげる

というように

片方で調整するより

両方で調整してあげる

これが

自然なお化粧をするには

大きなカギになりますビックリマーク

お化粧の話を聞かせてもらうと

眉毛一つで印象を作ろう!とか

アイメイクで印象を作ろう!とか

どれか一つですべての印象を作ろう

そう感じている人が多いのですが

1つで完成させるより

全体で作っていく!

違和感なく

あなたになじんでくるのは

このお化粧方法なのですウインク

キャンペーン情報

音譜【モテ眉レッスン会】音譜                                       期間:10月22日~11月30日まで                                  参加条件:2~3人のグループレッスン                               参加費:お一人様1,000円(税込)                                  所要時間:約90分                                           持参物:普段使っている眉アイテム                               (無ければお貸ししますブラシ

どんな内容か気になる
こんな眉のお悩みも大丈夫?
希望時間や参加人数など

お問い合わせは

お店のLINE下矢印下矢印

友だち追加

アップクリックすると

登録ページに飛びます

こちらからだと便利ですよウインク

>

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 令和のイタコさんと話した見えない世界のルール

  2. 後先考えず…、がむしゃらに…、相当強い想いがあってこその行動

  3. ファンデーションって肌に悪いんでしょ?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する