眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

普段は絶対にやらないことをやってみた。【後編】

勉強会で仙台に行くことを理由に







仙台の街行く 女性へ声をかけて

お化粧をさせてもらう!という

好奇心からの度胸試し




地元青森じゃ

知り合いに見られそうで出来ないけど




知り合いがいない仙台なら

そんなの気にせず出来るビックリマーク




そんな理由もありました。





イメージトレー二ングは

数週間前から何度もして完璧!





仙台駅に到着すると

分かっていたことだけど

仙台駅のデカさ、人の量…

気のせいか、いつもと雰囲気が違う…。





外に出ると天気は曇り空で

少し雨がポツポツ…傘




この時点で

ボクの完璧なイメトレは

崩れ去っていました。




勉強会まで

残された時間は

1時間




やっぱり

ビビッてなかなか声をかけられず…




スタートから40分

駅やらアーケード街やら

行ったり来たりウロウロ…

完全なる徘徊ジジィですチーン





やっとの思いで

駅の外に居た

20代前半位の2人組に

ターゲットを合わせて

勇気を振り絞って声をかけてみた!!!!!





意図を伝え終わる前に

えー「あっ、いらないです」





はい。終了~。





断られただけじゃなく

マグマも一瞬で凍るほどの

ボクへの凍てつく視線…

心が折れる。





その後も2組に声をかけたけど

全く反応なし。

嘲笑うかのようにあしらわれる。





3組に声をかけて惨敗…

すでに折れている心が、

さらに玉砕されて完全終了です。





「おい~!仙台女子!」ムキー

って文句言いたくもなったけど




違うんですビックリマーク




ただ単にボクに

信用できるような雰囲気や

本当に何が出来る人かが

無かった&伝わらなかっただけ。





もしこれが

10頭身の、もこみちだったら

有無を言わずに、みんな即受けでしょ?




ただ、それだけ汗

仙台女子が悪いわけじゃない。

(ま、ま、前向きに、前向きに…)




重い足取りで

勉強会会場に向かいながら

虚しさとか、意味あるんか、とか

いろんなこと考えました。

(すべて自分で決めた事なんですけど)




一応、チャンスはもう一度!

勉強会&懇親会後の

帰りの新幹線までの時間。





勉強会と懇親会の間で

気持ちを整え、もう一度

仙台のアーケード街へ繰り出す!





ここで神降臨❣️



生まれも育ちも仙台で

歌が好き❣️




この後

路上ライブをする予定とかクラッカー




お化粧させてもらってからは

恥ずかしさとか周りの嘲笑う声や視線は

本当に気にならなかった





とにかく

この子の魅力を引き出そう





可愛らしい雰囲気は

もうすでに標準装備なので

キリっとしたエッセンスを

メイクで足して雰囲気を変える





歌を歌う前でも人前に立つ事は

気持ちの切り替えが必要!

メイクで気持ちを作る!





そんな気持ちだけで

路上でお化粧に夢中になりましたメラメラ



歌声は

キレイに透き通って

人だかりも出来ていました。







やってやったぜ!



青森じゃ知り合いとかに見られたら…

と思うと恥ずかしくて

出来ないけど




知り合いのいない仙台なら…

そんな理由で

思い立ったことをやってみました。





路上お化粧をしていると”ポンポン…”と

後方から肩を叩かれ

振り向くとそこには

ボクの青森の知り合いが居た。




「ちょっと、何やってんの~www」



今日は仙台で

何かのライブがあったらしい…。





見知らぬ土地、仙台なハズなのに

結局は知り合いに見られていた…滝汗





以上

普段は絶対にやらないことをやってみた!

でしたウインク

それでは、また~

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. これから社会に出る君へ

  2. おたく評論家宅八郎って何者?

  3. コンプレックスは明日、変えられます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する