眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ファンデをつけると皮膚呼吸が出来なくなって、肌に悪いってホント???

先日亡くなった格闘家

山本KID選手

全身タトゥーが印象的で

高須クリニックの

高須院長のツイッターに

「入れ墨は皮膚呼吸がしづらく

疲れやすいというのは迷信か?」

というコメント対し

高須院長は「迷信です!」と

答えていました。

皮膚呼吸が出来ない???

というのはファンデーションに関しても

たまに耳にすることで

ファンデを付けると

皮膚呼吸が出来なくなって

チェック毛穴が詰まる

チェック血行不良になって肌に悪い

という都市伝説を

聞くことがありますウンウン

これも迷信で

ファンデが原因で

毛穴詰まりや皮膚呼吸が出来ない

というのは関係ないです。

確かに皮膚呼吸はしているのですが

体への酸素供給は99%以上

鼻や口の肺呼吸でまかなっているので

皮膚呼吸の影響はないです。

そもそも

素肌に化粧品を付けたからと言って

皮膚呼吸が出来なくなること自体

無いんですけどねウインク

んで

昔、全身金色に塗装した人が

亡くなったってことを聞いたことが…。

アップゴールデンボンバーの人

はいビックリマークボクも聞いたことがありましたひらめき電球

全身金色塗装で

皮膚呼吸が出来なくなって

呼吸困難で亡くなった…。

そんな言い伝えもあったのですが

ボクが勉強した中では

呼吸困難というのは迷信キッパリ

もし事実であれば

呼吸困難で亡くなったのではなく

放熱が出来なくなって

亡くなったのではないか?

と感じています。

汗をかいたり毛穴を閉めたりして

人は体内の熱を調整しているのですが


汗をかくような炎天下や気温

という環境の中で
全身に塗りまくることで

放熱する場所が少なくなってしまった。

という事のほうが合致します合格

最近も週刊誌に

界面活性剤を

悪者にした記事が載っていて

読んだ人が

誤解されるような記事でした。

界面活性剤もファンデーションも

そのものをよく知って

ちゃんと使い方を知れば

肌に悪さなんてしませんよウインク

界面活性剤を悪者にすることで

利益を得られる人の”何か”

なんだと思います。

使っている人を見れば

”つじつま”が合っているかどうか

なんとなく見えてきますよグラサン

ボクも

界面活性剤の都市伝説には

ツッコんで学んできた方だと思うので

世間一般的に考えられていることから

専門的な視点から

両方の観点で話をしていけますウインク

不安のまま使うより

不安を解消して使うほうが

いい化粧品の使いかた♪

疑問があったら

解消しに来てくださいね照れ

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony



マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな



友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 間違って抜いちゃった眉いつ生えてくる?

  2. 昔のままの化粧品メーカーとお店の立場の違いではいいものは生み出せない

  3. まぶたのくぼみで疲れて見られる、やつれて見られるなら、まぶたにどんな色をつければいいの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する