眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

お客様のことをよ~く知っているからこそ、見逃してしまうところ

娘の保育園でも

胃腸炎が流行っているそう…

先日、子供のものを買いに行くと

こんなものがありました。

{602DD0BE-0205-4688-9C95-E9CEB3EB3782}

アップノロパンチ

ノロウィルスを

やっつけてくれるのかな?と

思いきや

ノロウィルスは

アルコールではなく

次亜塩素酸ナトリウムでなくては

ウィルスをやっつけられない真顔

商品のネーミングは

ノロウィルスに効きそうですけど

中身は…あせる

思い込みの感覚

こういった

思い込みでチャンスを逃していた!

ってことないですか?ひらめき電球

お客様と長年の付き合いになると

性格から家族構成から

どんなことに興味を持っていて

どんな雰囲気が好みか?

いろいろなことが分かってくると

「アレが無くなったから…」と言われると

「あ、アレですね♪ありがとうございます」

というような

阿吽の呼吸で通じるようになりますグラサン

ただ、先日思ったのが

知っているからこそ

見逃していることがある!

そう感じました。

最近の取り組みで

もっとこうしてみたら良くなる!

と感じたらお客様に伺って

お化粧をさせてもらうというもの。

先日来てくれたお客様は

もう数年になるお客様

そのお客さまは

「口紅を付けると唇が荒れる」

ということで

ずっと口紅を付けていませんでした。

そのことはボクも聞いていたので

口紅を勧めることは
していなかったのですが

先日来てくれた時

唇に色がないため

他のお化粧が映えておらず

もったいないなぁ〜と思い

口紅を付けさせてもらいました口紅

するとお客様は

色が気に入ってくれたみたいで

びっくり「唇に色があると

変わるもんですね~」

驚きながらも微笑んで

鏡を見入っていました。

ボクから見ても

スゴク似合っていました。

ただ、唇があれるかどうかは

時間経過も必要なので

その日は口紅を付けたまま

帰られました。

後日お客様は

「唇も荒れなかったし

とってもいい色だったから

あの口紅ください♪」

と言ってきてくれましたありがとう(男)

もし、あの時

「お客様は口紅で唇が荒れる」と

口紅に触れていなかったら

こんな展開には

絶対になっていなかったでしょうねウインク

お客様のことを

理解しているからこそ

見逃していることも

お化粧をすることで

気付けることがありました。

何かのタイミングで

非日常を経験してもらうことは

新たな発見に直結しますよひらめき電球

もっと魅力を出せる方って

本当~に多くいらっしゃると感じます。

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 映画・竜とそばかすの姫と眉毛の関係性とは…?青森から発信

  2. 京アニ犠牲者の名前公表、誰のため?

  3. 誰も嫌な思いをさせないことは…眉で出来る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する