眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

家業を継いだものの、化粧品店で男の居場所はどこにあるのか?…その②

前回ブログ

こちらの続編

現場主義としてお店に立ったからには

化粧品(スキンケア)のことを勉強して

メイクではレッスンもやってきました。

同時に感じていたことは

地方の化粧品店で

共感力やファーストインパクトでの信頼関係

というのでは、さすが女性の世界…

女性同士には敵わない。

そう感じたのが印象深いです。

{84892384-1E0F-424A-B59C-1C9914F05CF8}

だけど

しばらく試行錯誤しながら

やっていくと

女性の共感力という強さ

男性の理論的に見て考え、

理論的に伝えられるという強さ

この”違い”があることを

徐々に感じ始めました。

それが今ではメイクレッスンでも

役に立っているポイントですかねウインク

女性には女性同士の良さ

男性にも男性の強みが

みんな持っていますひらめき電球

女性の社会の中で

男性が現場で活躍するには

いわゆるメイクアップアーティスト

という形になる事が

イチバンの近道と思います。

メイクで食っていく!のではなく

メイクがめちゃめちゃ出来る人

というイメージとしての

メイクアップアーティスト

国家資格でもないので

言ったもん勝ち!

思われたもん勝ち!

正直、なところはあります苦笑い

「カリスマ」の定義が無いのと

同じ感じですかね?

初めは小っ恥ずかしくても

化粧品の世界で

周りに認知してもらうには

あなたは何が出来る人なの?

これが伝わってるのといないでは

本当に大きな差と感じました。

化粧品店の

家業を継ぐことを選んだ男の経験から

話をまとめてみると

①自らを知ってもらうこと

②男性ならではの強みも

あるということを知る

③何者なのか?を知ってもらう

イメージしてもらう

って感じでしょうか?

そういえば…

地方に居て

メイクの技術や腕前”だけ”で

食べていけるのか?

ゼロではないですけど

極めて難しい事と感じます。

メイクの技術・腕前は

一般の方を相手にするお店にとって

短いスパンで必要不可欠になるとは

正直感じませんあせる

どんなに熱い想いが

あなたにあったとしてもです。

ボクが今、化粧品店に立って

“メイク”という事を考えると・・・

メイクはきっかけでしかない。

そして

変わる楽しさを共感し

間近で感じることが出来る

素晴らしい事

信頼関係の一歩

相手の本音を引き出すもの

キレイにしちゃおっ!というお節介

どんなことでも

相手の親身になって

お悩みを解決してくれる

良きパートナーでいる事

地道だけどコツコツと

築いていくことなのかな?と

感じています。

女性の世界の中に

男性が入ることが

無理なことではない!

その立場にたったのだから

やれることはありますよウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 左右の眉毛の高さが違う。眉の直し方は2つある。

  2. 子供の成長。お子さんの行事を見ることは自分にも還ってくる

  3. 眉を変えたいと思っている人と眉を変えてみたいと思っていた人が出会うと…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する