眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

家業を継いだものの、化粧品店で男の居場所はどこにあるのか?…その①

先日、部屋を片付けていると

昔書いていた日記が出てきました真顔

書いていたのは

さかのぼる事、14年前のこと。

チラッと中身を見てみたら

この時2004年は6月下旬に

アメリカに行くことが決まっていて

そのために

バイトを3つも掛け持ちして

1日20時間働いていた時でしたゲロー

化粧品専門店の家に産まれ

22歳の誕生日の時、

初めて家業を継ぐことを意識し

決めました

女性の世界で

男性はどんな活躍が出来るのか?

メーカー主催の勉強会でも

次世代経営者の勉強会として

たまに集まるのですが

経営者として立つのか?

現場に立つのか?

毎回のように話になりますビックリマーク

答えは一つじゃないし

予想もしないことが

世の中に注目されるご時世だし

可能性だってたくさんあるし

何が起こるか本当にわからない

そんな中で

ボクがお店を継ごうと決め

そして

現場主義でやって来て思うことを

書いていこうと思いますニコニコ

家業の化粧品店専門店を

継ごうと決めた当初の夢は

メークアップアティストになる!

そして、メイクで食っていく!

ということでした。

化粧品の相談は

女性が最も共感できるし

先代(母)や

スタッフさん(おそらく女性)が

現場で活躍中なら

入る余地は、本当~に少ない

居場所がないビックリマーク

息苦しくて

自分は必要とされていないのでは?

居なくてもいいんじゃないか…。

常連さんに慣れてもらうまでは

化粧品店に男性がいるもんだから

かなりの確立で驚かれますM

それがまた否定されている感じで

ツラいんですえーん

初めは化粧品の種類・効果も

よくわからないので

天気の話だったり

体調を伺う話しか話せない。

それも

長くは続きませんkonatu

ボクは対策として

2つのことをしました。

1つは情報発信です。

お店のお客さまに

ニュースレターのような形で

顔写真も付けて

チェック○○に行ってきました。

チェック趣味は○○です。

という感じに

初めは恥ずかしくても

顔写真付きで

ボクのことを知ってもらいました。

相手は興味…というか

何者?とは思っているけど

キョロキョロ「あなた何者?」

とは、まず聞いてきません。

そして、

噂に尾びれ背びれがついて

1人歩きしていることも…。

それよりなら

自分からさらけ出す!

ですねウインク

だけど、

ボクは経営者になるというより

現場に立って活躍することが

初めからの夢だったので

お店の裏で

経理や資金繰りをすることは

その時頭にありませんでした。

…というか、環境的に

現場に立つ以外

進む道はなかった…という方が

正しかったかも

そして、もう一つは

女性社会の中で

男性の特徴を生かす方法を探った

ということでした。

これは次回のブログでウインク

家業を継いだものの、男の居場所はどこにあるのか?その②

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html<
/span>

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. これから社会人になる彼女に最後に伝えた事とは…

  2. 意識して自分を変えなくても無意識に変える方法がある。

  3. 今の方針になったのも、過去のある思い出が糧になっております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する