眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

やってもやっても報われないどころか、この仕事が嫌いになる…

先日行ってきた

次世代経営者の勉強会では

お店の外での活動

というのがテーマでした。

事前課題として

屋外での活動内容と振り返りを

書く課題があって

他のお店さんも

効率的なポスティング

サンプルを渡すときのひと工夫

など、たくさんの活動を

発表してくれました。

そして

一番多かったのが

施設や他業種とのコラボで

ハンドマッサージや

メイクをする活動

という

商品売買ではない

”技術”メインの活動

同時に

【費用対効果が悪い】

という

現実的で切実な課題も

大きく抱えていましたあせる

めちゃ×100、わかります!

ボクも思いっきりそこに

ぶつかりましたM

活動前は

いろいろと想定して準備もして

1人ではなくスタッフさんも

一緒に出向く時もある

緊張もあったけど

実際にやってみると

受けてくださった方は

いつもは見せない表情で

すごくいい笑顔を見せてくれるし

人や地域に

ものすごく貢献出来るし

あなた自身も一緒に行った方も

今までには味わったことのない

達成感だったり

自分自身の在り方など

たくさんの得ることはできますウンウン

本当に素晴らしい活動です。

ただ、

それがこの先ずっと続くと思うと

本当にやり続けることが

出来るでしょうか?

こんなことを書くと

オマエは薄情者か!?

思われるかもしれませんが

ちゃんと考えなくてはいけない

大切なことだと思うんです。

それに

ボランティアをしてはいけない!

というような極論を

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も

  • コメント: 0

関連記事

  1. 同業者の方。今まで以上にお客様に喜んでもらう”虎”になる

  2. プロにわかるハイレベルな違いはどこまで追い求めるべきなのか?

  3. 化粧品店だから違いを伝えることができるし、知ってもらうこともできる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する