眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

やってもやっても報われないどころか、この仕事が嫌いになる…

先日行ってきた

次世代経営者の勉強会では

お店の外での活動

というのがテーマでした。

事前課題として

屋外での活動内容と振り返りを

書く課題があって

他のお店さんも

効率的なポスティング

サンプルを渡すときのひと工夫

など、たくさんの活動を

発表してくれました。

そして

一番多かったのが

施設や他業種とのコラボで

ハンドマッサージや

メイクをする活動

という

商品売買ではない

”技術”メインの活動

同時に

【費用対効果が悪い】

という

現実的で切実な課題も

大きく抱えていましたあせる

めちゃ×100、わかります!

ボクも思いっきりそこに

ぶつかりましたM

活動前は

いろいろと想定して準備もして

1人ではなくスタッフさんも

一緒に出向く時もある

緊張もあったけど

実際にやってみると

受けてくださった方は

いつもは見せない表情で

すごくいい笑顔を見せてくれるし

人や地域に

ものすごく貢献出来るし

あなた自身も一緒に行った方も

今までには味わったことのない

達成感だったり

自分自身の在り方など

たくさんの得ることはできますウンウン

本当に素晴らしい活動です。

ただ、

それがこの先ずっと続くと思うと

本当にやり続けることが

出来るでしょうか?

こんなことを書くと

オマエは薄情者か!?

思われるかもしれませんが

ちゃんと考えなくてはいけない

大切なことだと思うんです。

それに

ボランティアをしてはいけない!

というような極論を
言いたいわけでもないです

ボクは同じような

やりがいは感じているはずなのに

満たされない感覚が続いた結果

美容の仕事が

嫌いになった時期がありましたえーん

やってもやっても

良いことをしているはずなのに

報われない、満たされない…

道徳なき経済は罪悪であり

経済なき道徳は寝言である

アップ飢餓と貧困の江戸末期
多くの民を救った男

二宮尊徳(二宮金次郎)の言葉

この言葉を初めて知ったときは

グサリと刺された気分でした

道徳と経済

どっちが良いとか悪いとか

白か黒かの見方ではなく
どっちも大切だし必要。

ボクの場合で言ったら

メイクレッスンの内容と

料金の設定。

その時で臨機応変に

対応していくのも大切だけど

お客様の笑顔がお代です!

というのは、長い目で見ると

苦しくなることが出てくる

お客様を笑顔にするため

あなたが笑顔でいることも

ちゃんと必要ですウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 支えられるって本当にありがたい。

  2. 眉の形を変えなくても細い眉を太くする方法はあります!

  3. 眉を描く極意は『茶道』と同じ世界

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する