眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

昔のままの化粧品メーカーとお店の立場の違いではいいものは生み出せない

昨日は仙台で勉強会があって

そこに参加してきました

2代目、3代目の事業継承者が

集まる勉強会で化粧品メーカーも

賛同してくださいますありがとう(男)

一日の中で

一番興味深かったのが

懇親会での時間

化粧品メーカーと

化粧品専門店という

少し立場の違う相手

どちらも

経営をしていくというところでは

采配が分かれるところ

あなたは

取引メーカーとの関係は

どんな関係性が理想ですか?

ビジネスの相手と見るのか

共存共栄として捉えるのか?

昨日の懇親会では

そんなことを考える時間でもありましたひらめき電球

昔、あるメーカーは

メーカーの今後の方針として

表面上はいいことを言って

現実は徐々に

首が絞められているんじゃないか?

と、好意に思えないところも

ボク自身、正直ありました。

このままでは

搾取されるんじゃないか?M

当然気持ちは

気持ちは離れていきましたあせる

先代が現役バリバリの時代は

化粧品メーカーがお店を”よいしょ”して

商品を拡売してもらおう

という意図があったのか

立場的にお店が上で

メーカーが弱い立場

という、上下関係は強弱あれど

どこにでもあった気がします。

だけど

懇親会で今の時代背景として

メーカーに属する側の意見と

お店側の立場を考えた時

もうそんなの時代遅れな発想で

良い形は生まれない!と

確信しました。

立場は違えど

共通しているのは

お互いに良くなることを模索している

それは

お店の規模に関係なく

人として接している

もう、どっちが上とか下とか

そんな見方じゃなく

お互いがお互いに
前向きなことが出来るのか?

という視点の方が

どう考えたっていい形になる!

メーカーの社員さんは

メーカーの看板を背負っているのは

たしかに背負っているのですが

目の前にいる社員さんは

個人の経験も踏まえて

あなたに接してくれていますよ

突き詰めていくと

人と人の対話ひらめき電球

こんな接点が密な業種って

恵まれている環境なんだ!

改めて思ったんです。

ネットだけで決済できちゃう

取引間では絶対にないことグッド!

なので

作り笑顔ではなく

お互いが笑顔でいられる場が

どんどん増えますようにウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自眉は生かすべきか?ナチュラルメイクの眉の書き方

  2. 外国人旅行者に喜んでもらえる着物体験。着物のお化粧とは?

  3. アイディアは浮かぶんだけど、どうしても躊躇してしまうならこの考え方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する