眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

保育園とのお手帳の中に一つだけルールがあるんです!

昨日の

保育園と親との手帳やり取りを

書いていて、さらにもうひと記事。

保育園の手帳だから

日々のことを書いていくのですが

一つだけルールがあります。

苦情は書かない

たしか

先生が言っていたのかな?

「保育園側として

注意はしていても

怪我をさせてしまったり

失礼なことを

してしまうかもしれません。

苦情・苦言は

お手帳に書かずに

直接、私共に申してください」

…でも、どうして

手帳に書かない方が

いいのかな?って思っていると

なるほど~と思う理由を

先生が教えてくれました。

「このお手帳が

保育園の生活を通じて

何冊にもなって

お子さんが大きくなった時

お子さんが

悲しさを感じている時

保育園でのお手帳を

見せてあげてください。

喜んで嬉しい日々もあれば

どう育てていけばいいか…と

頭を悩ませた日々も

そのお手帳には
びっちり書いてあるはずです

子供たちにとって

どれだけ愛されていたのかがわかる

大切な宝物にしてほしいんです。

そんな宝物の中に

私たち(保育園側)のことで
苦情や苦言が

たくさん書かれているより

子供のことを

毎日考えた日々だった。

ってことを

宝物にしてほしいんです。」

{6E3947EA-461A-4435-AB17-014B44074462}

そんなこと言われて

ものすごく腑に落ちた感覚でした。

ただの義務的な報告だけの

お手帳ではなく

将来、子供が
大きくなった時のためのお手帳。

そこまでも考えたやり取りを

保育園と家庭で過ごしたい。

ちなみに…

保育園の手帳の表紙は

親が手造りする方式です。

{405A2AE3-F177-49EE-B853-DD9E73CDF4AD}

ぶっちゃけ、ここだけは

夜なべをして考えて作るから

めちゃめちゃ手間がかかる苦笑い

保育園の理念というか

個性が感じられた部分。

同じ美容の事でも

目の前にある美容を通じて

○○をしてもらいたい。

という想いがあれば

そこに共感してくれる人もいるし

やるべきことだって

モヤモヤした中でも

見えてくるもんです。

あなたは今のお仕事を通じて

どんなことを

伝えていきたいですか?ウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

https://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 2

関連記事

  1. 『頑張らない』ことが大切な理由

  2. 青森の人は顔が濃い?

  3. 経験したから断言できる。脱毛の悩みがここで形になる。

  1. SECRET: 0
    PASS:
    年末に断捨離していましたら、幼稚園時代の先生⇄親との連絡ノートがでてきました! 見かえしてしみじみしました。母が終焉をむかえる時には持たせたいと思っています。あ、母はまだまだ達者です。特にクチが(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >板橋 耐さん、年末の断捨離…お手帳を見つけて断捨離の手がしばらく止まったことと創造しています(^-^)
    板橋さんにとってもお母さまにとっても毎日の思い出が詰まった宝物ですね♪
    お口がお達者なのは脳が活性化されている証ですね(^-^)♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する