眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

え?そんな理由で手放してしまったの?

先日、広告の現場

image

撮影が終わり、片付けながら

カメラマンさんや

ディレクターの方と話していると

某一流カメラメーカーの

お高~いカメラを買ってすぐに

売ってしまった

という話が出ました。

その理由が

画像を超拡大した時の

ドットの配列が嫌だった

これも、ディレクターさんの

もっといいものを造り出そう!

という、大切なこだわり

また、

カメラマンさんも

カメラを構える高さや

ちょっとしたレンズ性能にこだわる

という

プロならではのこだわりを

教えてくれました。

これって

”こだわり”自体を良い悪いって

言いたいことではなくキッパリ

チェック業界(プロ)の人が感じる魅力

チェック一般の人が感じる魅力

の違いでもある。

パッと見た雰囲気ではなく

背景のボケ具合が絶妙で

左右の間のバランスが最高!

という玄人評価がいいのか?

細かいところは

よくわらないけど

なんかこのインスタ、素敵~♪

と、いいねを乱打したくなるような

写真なのか?

きっとこだわりがあれば

職人さんなら一度は

感じた悩みだと思いますウンウン

今得ようとしている技術や

いま発信しようとしている情報が

同業者が惚れ惚れする

繊細なこだわりを持った事なのか?

一般の方の”不”を

解消してあげることのできる

技術・商品なのか?

これってどっち向き?

っていうのを改めて考えてみると

方向性が変わってきますひらめき電球

こだわりは、言い換えたら

よりいいものを世に出そう!と

突き詰めていくこと

決して悪いことでは
ないですよねウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加
 

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ピンチの時、どんな事をきっかけで乗り越えれましたか?

  2. 美意識のある女性へ…これは、ターゲット絞れているのだろうか?

  3. 眉とくちびるに共通しているメイクのコツ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する