眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイクの伝え方は、全部伝えない方がいい…

vol.324

昨日から急に寒くなってきました。

気温・気候で人の動きは

変わるのは化粧品屋さんも同じ

そんな中

来てくれるお客様は”神”です

ましてや

肌の相談となると

頼ってもらえた!という

嬉しい感情に喜びもハンパない

他にも、メイクを伝えるときは

たくさん持ち帰ってほしいから

アレもコレも伝えたくなる

でもね、

ボクは特に最近思うんです。

メイクを伝えたかったら

全部は伝えない。

…いや、これケチとか

次も来てもらうために…とか

ということではないんですキッパリ

なんでも伝えたい!

メイクの楽しさを知ってもらいたい!

その気持ちは

すごくわかるのですが

同時に、

出来ることを

見つけてもらうこと

そして、

実践してもらうこと!

これがメイクレッスンでも

大切なところキッパリ

ボクも昔は

誠心誠意伝える

出し惜しみなく本気で伝える

そんな勢いで伝えていましたが

伝える=出来る

ではないことを知りました。

むしろ、逆にわからなくなっちゃった。

そんな経験もさせてしまいましたゲッソリ

一方的に言われる事って

その場はわかったとしても

理解は出来ない。

知りたい!と思ったことを

とことん伝える。出来るようにする。

これは、お互いに満足する。

あなたが今まで学んだこと

一つずつでいいので

吸収させてあげてくださいねウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉がえぐれている時の眉の描き方

  2. 青森市でメンズの眉を整えてくれるお店

  3. 手の震え。描かなくても眉はきれいに仕上げられる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する