眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

第一印象でこの人すごい!と思われたらスタートが変わる。

vol.309

化粧品店に行くと

女性のアドバイザーさんに

相談に乗ってもらうのが当然

そんな中、化粧品店に

行ったら男性店員がいてびっくりびっくり

お店に立ったころは

初めてのお客様に驚かれる…

よくあったことですあせる

驚かれると同時に

要は信頼されていない。

ということの表れでもあったのかな?

とも振り返ると感じますガックリ・・・

お店に立つ以上

”信頼できる人”と

思ってもらいたいし

見ただけで

出来る人のような気がする

という雰囲気が伝われば

なお良し!

店頭に立ちメイクの場でも
”見た目”や”雰囲気”を

ボクは大切にしました。

例えば

ブラシの持ち方、使い方でも

しっかりとブラシを持つ。

{9B83F884-DB05-480B-B8F9-92DC9690479B}

お化粧しながも

これでいいんだろうか?

不安があると

ブラシの持ち方も

おっかなびっくりしたような

持ち方に、ついなってしまう。

なので

ブラシの持ち方はしっかりと持って

小手先で動かさずに

手首から大きく動かす!

少し大げさなくらいが

ちょうどいい。

お客様って

施術を受けている時

座っている時間がほとんどなので

右矢印テーブルの上を見る

右矢印お化粧をするしぐさを見る

など、結構見られています。

技術は常に向上していくとしても

ブラシの持ち方だけは

今すぐに変えられて

出来そうな雰囲気

というのは
伝えることができますひらめき電球

ただ、長い時間

美容のことで話していると

美意識が高い人には

バレちゃうので

常に進化は大切ですねウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ココイチカレーの始まりはカレーじゃなかった。

  2. 自分を知るには”ロゴ”を作るとよい

  3. 硬くて書けないペンシルアイブロウ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する