眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

久しぶりの再会でも、とても深く印象に残っていた子

vol.253

昨日は、
異業種交流会に行かない?と
声をかけられていて
久々の異業種交流会に
行ってきました生ビール
1件目が終わって2件目
交流会のメンバー数人で
スナックに行くと

そのスナックのカウンターの中には

どこかで見たことがあるような

スナックのおねぇちゃん。

お互い、

「どっかで会ったことある!」と

言いながら考えていると

思い出しましたひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

ボクが青森で

料理の仕事をしていた時

バイトに来ていた女の子M

会うのは

15年くらいぶりかな?

その子、バイトに来ていたとき

まだ高校生で

超~~~ギャルで

ギャル雑誌にいそうな風貌で

だほだほのルーズソックスに

冬はモコモコのシープスキン履いて

防水が完全に効かなくなって

いつも靴下濡れていた(笑)

…でも、その子の事

すごく印象に残っていたんですよ!

なんでか?って

そんな見た目、超ギャルなのに

真面目に取り組むところは

めちゃめちゃ真面目だったからいちばん

見た目がギャルってだけで

この子、大丈夫かな?

「だりー」とか言って

すぐに辞めるんじゃないの?

と、申し訳ないけど

偏見の目で見ちゃっていたけど

高校卒業まで頑張ってくれたし

一緒に仕事していると

見た目とは裏腹に

真面目な部分がすごく印象に

残っていたんですよね

やっぱり”見た目”って

大切なんですよ

人は見かけじゃない?

…いやいや、見た目はデカいよキッパリ

見た目・身だしなみに関して言えば

社会人になって

人と話すことがあるなら

自分が良し!と納得する部分と

相手が心地よく思う身だしなみ

両方が大切。

15年ぶりに再会した

当時のバイトちゃんも

一緒に仕事をしたから

その子のすごいところは

見ることができたけど

チラッとしか見ない程度だったら

真面目さは目に付かなかったと思う

それどころか、

偏見の目で見て終わっていたと思う。

見た目…さらには”なりたいイメージ”

がわかると、やるべきことが

一気に見えてきますよウインク

こういう形での再会が

嬉しく、お互い年を取ったのを実感(笑)

そんな昨日の出来事でしたウインク

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も

  • コメント: 0

関連記事

  1. タレントのメイクもお任せ!メイクからも演出する!

  2. ブログのネタがない。続けるのがしんどいと思ったときに読むブログ

  3. 眉山を削って柔らかい印象に?眉山の落とし穴!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する