眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉の難しさが解決できるから、眉プレートが出てくる。もし紛失したらどうします?

vol.222

先日お客様と会話の中で
ガラケーを使っているお客様
ガラケーのままにしているのは
それで用が足りちゃうという理由と
便利に依存したくないウインク
という考えで
ガラケーのままにしているそう。
素晴らしい信念グッド!
便利な生活になる…
そこに需要が生まれるのもある
ただ、便利には裏の顔もあると
思ってるんです。
先日化粧品メーカーの方と
お話する機会があって
眉毛を書くプレートが
すごく売れたそうM
眉プレートは昔もあって
その時は、
理想な眉の形しかなかったから
柔らかい印象の顔立ちなのに
眉毛だけビシっと決まってて…
眉だけゴルゴ???
という、違和感丸出しの人もいた滝汗
それが、ここ最近出ている
眉プレートは
眉山に合わせて
イメージに合った眉にしていく
これも
眉を書くのが難しい
という”不”解消するべく登場した
便利グッズですねクラッカー
一方、こんな現象も起きます。
眉プレートがなきゃ
眉が書けない。
もし、外出先で
眉プレートを忘れたり
紛失したら…
眉毛って上手く出来た日と
上手くできなかった日の
  • コメント: 0

関連記事

  1. 同じプレゼントでも、重みが全然変わるプレゼント!

  2. 環境の変化は楽しみでもあり同時に恐怖の始まりでもあります。

  3. 親子関係と美容関係。相談されたらなんて返す?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する