眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

自分の評価も周りの評価も高くなる身だしなみはどこに気を付けるべきか?

vol.217

外見を変えるというのは

ある意味、勇気がいることだし

楽しみというのと同時に

不安という感情も出てくる。

不安というのは

相手にどう映っているんだろう

という不安

相手がどう見ているか

ぶっちゃけ…

そんなの相手の受け取り方次第

あなたが想像していなかった方に

捉えられることだって十分にある叫び

いわゆる

相手ありきの問題

相手ありきのことは

どうしようもない…。

そしてもう一つは

自分の背中を

押してくれるツールとしての

外見・身だしなみ。

昔聞いたフレーズが

とても印象的でした

この1本の口紅が

その人の人生を変えるかもしれない

ボクが美容の世界に入ったころ

どこかで聞いたフレーズ

お化粧した顔を鏡で見て

「よし!行くか!」と何かに

背中を押されたことはあるはず。

これは技術や感情など

自分自身の問題。

美容や身だしなみって

自分が良しとする部分と

相手が良しとする部分

両方大切だと思っているんですキッパリ

両方の折り合いのつくところが

見つけられたら一番。

自分も「ヨシ!」と思えて

相手からも「いいじゃん!」と

思ってもらえるバランスウンウン

このバランスが提案できるのは

信頼関係ができている相手が

いるか?いないか?です。

相談を受けた側としても

意見を押せばいいのか?

ご本人が答えを引き出すのを待つか?

どっちにしても

相手のことを知らなければ

出来ないことですね。

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

  • コメント: 0

関連記事

  1. その場が凍りつく瞬間を経験したから…

  2. 口紅選びで失敗したくない。どうやって口紅を選ぶのか?

  3. 最短で信頼を得ることができる眉毛の書き方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する