眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

継続して来てくれない…。一旦満足したのか?悪い対応だったのか?

vol.212

 
技術だったり経営の勉強…
といって勉強していくと
自信だってついてくる
 
 
すると、
どうしても出てきてしまう
上から目線。
 
 
例えば…
勉強をして、これが正解!
というのを一つ、見つけたとしますひらめき電球
 
 
すると、
見つけた以外の答えを言われると
反論したくなるメラメラ
 
 
 
悩みの大きさは
大小様々あるけど
 
いろいろと試行錯誤して
一人で考えて悩んで
しんどくなっている方も来る
 
 
 
 
「〇〇を使っているんです」いちばん
という相手の声に
 
「それより、こっちのほうがいい」
と商品力がどうとか
今まで学んだ経験と知識をがどうとか…
上から被せてしまう滝汗
 
 
 
専門家として責任を持って
発言しているからいい…?
 
 
 
昔のボクはそうでした叫び
 
 
 
 
 
 
経験と知識から
つい上から被せたくなる気持ちは
わかるけど、それじゃ
 
 
信頼関係は築けない血しぶき
 
 
 
 
昔、やっちゃいました。
 
 
 
眉のことで相談しに来てくれた方
 
困っているからこそ
ボクも全力で応えようと
いかに簡単にシンプルにできるか?
 
それを伝え
実際に、手間が減って
簡単にできるようになった。
 
 
最後、ボクのひと言
「こんなに簡単にできましたね♪」
 
 
 
でも、その方、
表情は浮かれなかった
 
 
もちろん、それっきり
もうお店に来てくれることは
ありませんでした。
 
 
 
アップ失敗して気づいた事。。。
 
 
 
今思うと、
大切なことを抜かしていた
 
 
それは
 
 
相手の今までの心情に
共感してあげること
 
 
悩みに方法を応えることは
当然の事だし、悪いことではない。
 
 
 
ただ、ボクの知識で
解決してあげれるんだよ!
というあまりにも上から目線で
 
 
軽くしか話を聞き出していなかったし
相手の心情を完全に無視していた叫び
 
 
 
自分の技術、知識
取り扱い商品…
大切なのはわかるけど
 
 
その前に、
相手の心情を共感する
 
 
こうすることで
人に興味を持つことができる。
 
 
 
 
あなたも
「自分は出来るんだ!」という
腕や知識の見せびらかしに
 
つい寄っていないですか?
 
 
 

インスタグラム
こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

動画のチャンネルは
こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは
http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな



友だち追加
 

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1名

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集


 

それでは、また~

*************** 

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談
こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連
こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼
こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 
鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉を書く努力は報われる?それとも時間のムダ?

  2. 中身は同じでも容器で効果が変わる?

  3. メイクのテクニックはシビアな世界なのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する