眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

変わりたい!と思うなら”きっかけ”を作るべし…

vol.063

東京に来て2日目

昨日の空いた時間に
ボクが昔お世話になった場所に
行ってみました!
ボクがメイクの専門学校にいた時
アルバイトとしてお世話になった所
渋谷駅から坂を登った所にある
あの!NHK放送センター!!
{5E31354C-DF52-4C12-8A19-7AFF1D4C46E8}

(写真が反転してて見えにくいね…)

の、
グッズ売り場。
{4EEE64F5-6309-42CF-AF41-D7E71CD46787}
ボクがこの後
アメリカに行くのも
コーヒーのブラックを
飲めるようになったのも
ここで一緒にアルバイトしてた
同じ年の女子、A子の存在でした。
A子はボクと同じ年
背が小さく、20歳を越えているのに
お酒を買うときは
必ず未成年じゃないか?と疑われ
毎回、免許証を出すくらい
背が150cmくらいで
童顔の持ち主…にひひ
なのに
見た目にそぐわず
中身はサバサバした性格。
バイトのメンバー、みんな仲が良く
さらにA子とは同じ年ってのもあって
仲も良かった。
そんなA子とある日
休憩が一緒になり休憩室に行くと
A子
ニコ「何飲む?私はコーヒーだけど…」
その当時、ボクはコーヒーといえば
ベルミーコーヒー。
普段の好きな飲み物メロンソーダ!
という、
お子ちゃまな舌の持ち主
小学生のようなA子が
コーヒーを飲むのに負けてられない!
と変な対抗意識が芽生え
ボクは
アセアセ「同じくコーヒーにする」
と強がって伝えると
さらに、続けてA子は
ニコ「私はブラックだけど、アンタは?」
コーヒーの香りは良いのはわかる
でも、コーヒーのブラックなんて…
あんな苦いの飲んでられない!
と思ったものの
A子への対抗意識のおかげで
アセアセ「お、おぅ…。同じくブラック」
と言ってしまい。
当然、数秒後に手渡されたのは
カップに入った
底が見えない漆黒のブラックコーヒー
目の前にあるコーヒー…
湯気から香りはすごくいい。
恐る恐る一口飲んでみると
すっっごい、苦い…。
A子の方をチラッと見てみると
爆笑「あ〜〜、うんめぇ〜〜」と
美味しそうに飲んでる
苦っ!って表情を周りにバラすまいと
コーヒーの飲み方ではあるまじき
グビグビ飲み。
罰ゲームか⁉️ってくらい苦い…。
その後、なぜか3日間連続で
A子とシフトが一緒になり
休憩が一緒になるたび
ボクも引き下がれずに
毎回ブラックコーヒー…。
それが
功を奏したのか
甘いコーヒーの後味の”甘だるい”
感じが嫌だったのに
ブラックコーヒーには後味の甘だるさが
全く無く、スッキリした後味‼️
これがきっかけになって
甘い
コーヒーは卒業して
コーヒーはいつもブラックです。
A子との3日間連続勤務が無かったら
ボクはいまだにベルミーコーヒー
何かのきっかけって
ものすごく大切。
眉を整えてみるという事も
肌の専門家に肌を見てもらう事も
でもね、
やってみたことないものって
不安でしかないですよね
どうなるのか怖い
何されるのかわからない
だから
知識と経験を重ねたことを
こうしてブログに書いて
どんな事をするのか?
やったらどうなるのか?を
知ってもらって
不安を解消してもらうんです。
はじめは勇気がいるかもしれません。
でも、
眉の整え方で印象を柔らかくしたい
ニキビ・肌荒れをどうにかしたい
そのお困りの思いが
強ければ強いほど
その思いに応えていきます。
一人で悩んで不安のままだと
出口が見えないのに
時間も手間もお金もかけている状態。
そこにかける時間やお金を
専門家の目で見て判断し
最短で解決して
あなたの価値を高める
一方的じゃないんです。
一緒に解決していきます

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り2名

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 実は簡単な眉の形を変える眉毛の書き方

  2. 寝返りが出来ないパジャマがある

  3. 眉メイクがなぜ上達しないのか?その理由は今の位置を知ることから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する