眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

この番組、めったに見れないけど、めっちゃ好っきやねん。

vol.032


初めましての方は

大阪の人は

「めっちゃ好っきやねんラブラブ

って言うイメージありますけど

実際、そんな言い回し

しないのでしょうか???

今日は日曜日なので

ゆるいネタで行きます♪

テレビ大好きっ子なボクですが

その一つにこの番組があります。これ↓


じゃなくて

「和風総本家」という番組

こちらhttp://www.tv-osaka.co.jp/ip4/wafu/

海外の職人さんが

メイド・イン・ジャパンの品を使って

日本の技術はすごい!という

ジャパンラブな番組ラブラブ

どこが好きかって

お互いにメッセージを送るんですクラッカー

今回は「砥石」がテーマでした。

ポルトガルのギター職人

もともとは地元ポルトガル製の

砥石を使っていたけど

数十年前に

日本製の砥石を使ってみてから

もう手放せなくなった。

ポルトガル・ギター職人さんは

いつも使っている日本の砥石が

どんなところから採掘されてきて

どんな流れで商品になるか?

どんな想いで

砥石を作り続けているのか?

それらをまとめたVTRを見る。

外国の職人さんも感動するわけですよ!

こんなに手間がかかって

この商品になっているんだ!

「Wow!ますます、

この砥石が好きになったぜ」

みたいにいちばん

{7486EEC3-54C4-49E4-B287-7A95B754617F}

そして、今度は

ポルトガルのギター職人さんが

どんな風に愛用の砥石を使っているのか?

その砥石への愛着、素晴らしさ、感謝を

日本の砥石職人に向けて

ビデオレターを送る

コレが感動するクラッカー

自分が手掛けた商品が

海外に渡って、商品の良さに

外国人が惚れ込んでいる。

「コレがなきゃ、仕事にならない」と

世界に渡って必要とされている

使ってくれている本人を見れるって

なかなかないでしょう!

そんなことをお互いに見るんです。

{9B873D7C-110A-465B-A98F-31E89952D93F}

めちゃめちゃ感動ですよ。

見ているこっちまで泣きそうになる

安かれ悪かれじゃない。

手間はかかるけど

本物と想いを伝えたい。

その想いに共感して

ポルトガルのギター職人が

砥石を大切に使っている

なんか・・・

「がんばろっ!」って思える

そんな番組なんです!

感動的な番組の中に

箸休め的に出てくる「犬」

豆助これ↓


コレがまたかわいらしい。


そんな番組の紹介でした。

…でも、

毎週見れるわけじゃないんです

「和風総本家」はテレビ大阪なので

再放送でしか見られない

なにより

青森市は条件が揃わなければ

フジテレビ系列やテレビ東京系列が

見れない土地柄なのですから血しぶき

長寿番組だった「笑っていいとも」は

青森市では

夕方4時に再放送してました

「お昼や~すみは、ウキウキウォッチ…音譜

って

なぜ、夕方4時なのにお昼休み???

青森市の子供は

み~んな思っていましたよ(笑)

ちなみに

ボクのブログの書き方の師匠

板坂裕治郎さんは

NJE理論というブログの書き方で

「笑っていいとも」から出演オファーが来て

マジで、出演してました(笑)


ボクが毎日書くブログには

実は、

ただ毎日書いているわけじゃ

ないんでございますよ!

結果の出るブログへの考え方と

書き方がちゃんとある

それを教えてくれたのが

板坂裕治郎さん

このままじゃヤバイ…と

仕事への考え方が変わって




しんどいけど、

そこから抜け出す考え方が出来る

ブログのセミナー

今月2月27日(月)は

仙台でも開催がありますよ!

詳しくはポチっとな
 


あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感をもたれる肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集



それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ショッキングを与えた見だしなみ授業

  2. お客様に眉を書くときにすることは、まず、自分の眉を知ることから!

  3. 2018年一番印象に残っていることはコレでした!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する