眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ブンジュ村の人たちの感覚が体感できる問いかけ。

vol.4373

ペンキ画家SHOGENくんが
ブンジュ村で言われた言葉

日本列島に住んでいた人は
顔を洗うときに
水をすくう手にすら
愛おしさを感じていた。

つまり
歓喜して生きる!ってことだけど

分かっちゃいるけど
その感覚は簡単に
持てるわけではない。

だけど
その感覚が少し掴み始めたかも。

こんにちは♪
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

昨日は靴磨きで世界一周をしている
総将くんを見送りしてみようって
閃いて行ってみた。

その時頭に浮かんでいたのは
もし、今日が最後の一日だったら…
という感覚。

今日は、お昼ご飯の時に
もし、今日が最後の一日だとして
最後のお昼ご飯を食べると思ったら…

そう考えてみたら
頭に浮かんできたのが
『かっぱ寿司』。

お腹を満たすのではなく
最後のひと口だとしたら…

そう思って食べてみたら
ひと噛み、ひと噛みを丁寧に

ご飯粒の食感や
すしネタの食感や味や香りまで
ひとつひとつを味わうと
感謝が溢れてきた。

お寿司を食べているだけじゃなく
家族でも一緒に食べに来たよな~
みんなで美味しく食べたよな~って

最後に出てくる感情は
「ありがとう」だった。

ゲーム感覚でいいから
もし、今日が最後の一日だったら…。
もし、これが最後の食事だったら…。

そう思って一つの動作を味わって
どんな感情になるか
試しにやってみてほしい。

この感覚が
歓喜して生きるって
感覚なのかもしれない。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 良いところをもっと伸ばすか?悪いところを修正するか?接客にも影響する考え方

  2. 5歳児の誕生日、5歳児の言った一言が素晴らしかった

  3. まさみん密着をしてみて見えて来たもの

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する