眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

言葉が響く人と響かない人の違い。

vol.4045

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

フルマラソンを走った翌日は
永ちゃん先生にメンテンナンスへ。

悶絶してきましたよ。
足全体はもちろんだけど
胃や腸を覆っている
腹膜の筋肉も全部炎症。

これを揉み解してもらう。
悶絶の痛み…。

そのおかげもあってか
今朝、目が覚めると
お腹の筋肉痛はほぼなし。

膝が痛いのは
まだ残っているけど
昨日よりかなり楽。

さすが永ちゃん先生!と思いつつ
これは自分じゃわからない。

いくらストレッチしたとて
体のことを
何十年と見てきている手には
かなわない。

それに
マラソン走ると決断してからも
マラソン経験者や
トレーナーの方からのアドバイスが
めっちゃ役に立ったし心強かった。

・フルマラソンの半分は
 30kmを越えてからだと思ってね。

・塩飴を持っておいた方が良いよ。

・前半はとにかく抑えることが大事。

・当日の朝食に何を食べていくか?

ものすごく支えになった! 

これを振り返った時。
どんな人から話を聞くかって
大切だと思った。

準備期間2か月で
誰もが無謀と言われる
フルマラソンの挑戦に

それでもトレーニング方法を
アドバイスしてくれたり
テーピングで体の故障を
保護してくれた永ちゃん先生など

全力で応援してくれる人が
たくさんいてくれた。

永ちゃん先生には
大会1週間前に
オーバーワークで膝を痛めた時
治療してもらいながら

「大会前に痛めておいて
 よかったね。

 当日にこの膝の痛みをやったら
 歩くのがやっと」

そう言われて
膝を痛めたことが
良かったことに変わった。

これは永ちゃん先生と
信頼関係があるからこそ
入ってくる言葉が違う。

「相手に対して信頼を寄せる」とか
言うけど、
信用と信頼って似た言葉がある。

信用は過去の実績を見て
判断すること。
信頼は相手に対して
未来にかける期待。

信用は損得勘定が入るけど
信頼とは損得勘定が入らずに
接することが出来る。

でも
ある時こんなことを聞いた
「信頼は時に裏切られる」。

え?って思ったけど
次の言葉を聞いて納得。

「どんなに信頼していたとしても
 方向性の違いが出た時には
 信頼関係が崩れてしまう。

 だからこそ
 尊敬される人を目指しなさい」

そんなことだった。

確かに尊敬する人から言われたら
その通りにやってみようと思うし
その人に少しでも近づきたいと
いい所をマネするよね。

きっとそこから
自分が大事にしているものを
見つけられるんだと思う。

尊敬する人に出会うからこそ
変わっていく。

ぼくの人生も
たくさんの尊敬できる人に出会って
変わってきた。

だからこそ
今度は変わりたい!って人の
お手伝いをすることも
ぼくの役目になる。

******************

メンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicは
脱毛効果に
コミットしていきます。

青森市のメンズ脱毛サロン
SAMURAI Classicの魅力は
↓↓↓
https://www.samurai-classic.com/lp/campaign/

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 不安な気持ちを和らげる10分間

  2. ”失敗の定義”を知れば、すべては上手くいっていると思える。

  3. はじめまして…なのに初めてのような感じがしない。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する